損失を抑えることが利益拡大に!? FXの損切りは必須スキルだった!


 

投資の世界では、常に勝ち続けることはまず無理です。

しかし、損失が出たときも最小限に抑える努力をしなくてはいけません。

 

「損失が増えすぎてどうしよう」

「損失を抑えるにはどうしたらいいんだ」

 

という方がいらっしゃるかもしれません。

損失を抑えるためにも、FXでは損切りが必要不可欠です。

こんにちは、毎日FXを勉強している大輔です。 最初の頃に損切りがどれだけ大事なのか、体験したのを覚えています。

そうよね。 FXにおいて損切りなしと損切ありじゃ、まったく安心感が違うものね。

 

ということで、今回はFXにおいて己を守るために必須とも呼べる、損切りについて紹介していきます。

下落傾向にある貨幣は素早く売却して、元手を守るのはFXの基本です。

しかし、損切りを行うべき場面で判断が鈍り、結局は大きな損失をこうむってしまう人も少なくありません。

 

僕と一緒にFXでの損切りに対する基礎的な考え方や具体的な手法を見ていきましょう。

 

FXにおける損切りの重要性

損切りとは、損失が出た投資先を切り捨て、被害を小さく留めるための対処法です。

FXの世界でも損切りの概念は重要であり、投資を行うなら念頭に置きたいところです。

 

FXAB

FXでは、ある貨幣Aを購入し、別の貨幣Bに換金して為替レートの変動を待ちます。

もしBの為替レートが上昇すれば、Aに換金しなおしたときに差額が生まれ、差額分だけ自分の利益になります。

これが、FXの基本的な仕組みです。

 

しかし、上昇すると思っていた貨幣Bが逆に下落してしまうことも珍しくありません。

そして、下落し続けているにもかかわらず貨幣Bを手放さないでいると、損失は拡大していきます。

 

十分な元手があるうちに貨幣Bをあきらめ、体制を整えるためには貨幣Bを迅速に売却する必要があります。

こうした損切りは、FXを続けるうえで欠かせないといえるでしょう。

的確に損切りを行うには、損失が出たときにすぐ「自分が失敗した」と認める勇気が肝心です。

 

過ちを受け入れられず、自分の判断を妄信してしまうと取返しがつかないまでに損失はふくらみかねません。

ベテラン投資家になっても投資先を間違えることはありえます。

間違えた後でどれだけ素早く挽回できるかが、最終的にFXで利益を挙げるためには大切なのです。

 

損失を限定させることでリスクヘッジとなる

FXでは「大きく負けても、その後に大きく勝てば挽回できる」と思う人もいるでしょう。そういうタイプの投資家は損切りへの意識が低く、相場が落ち込み始めてもなかなか負けを認めようとはしません。

 

しかし、FXで早い段階の損切りが必要なのは「負けが続くほど挽回するのが難しくなる」のが鉄則だからです。

 

FXでは収益率によって利益を計算しています。

ある貨幣に50万円を投資したとして収益率が5%であれば、2万5,000円の利益が出ます。そして、今度は52万5,000円を元手にして新しい投資を行います。

 

ところが、ある投資に負けて50万円が20万円に減ってしまえば、収益率5%の投資につぎこんだとしても利益は1万円です。

元手が少なくなればなるほど、マイナスをゼロに戻すまでが大変になります。

 

そこで、危機管理能力の高い投資家はストップロスを設定し、自分の「負け方」を定めています。

ストップロスとは「許容できる損失額の限度」であり、ストップロスに達した時点ですぐ、損切りを行うのが賢明です。

 

損切りの値幅の目安

FXではさまざまなトレードの手法があり、手法ごとに損切りの値幅が異なります。

FXを行う際には自分のトレード手法をしっかり自覚し、ストップロスを的確に設定していきましょう。

 

ちなみに、FXでは為替レートの変動をpipsという単位で表しており、損切りでもpipsの幅が目安に使えます。

 

分単位の超短期間で利益を出そうとするトレード手法がスキャルピングです。

変動の端が激しい貨幣に、時間帯を見計らって投資するのがスキャルピングの基本です。

スキャルピングでは、数pips程度の値幅で損切りを行います。

 

一方、スキャルピングよりもトレードにかける時間が長く、1日以内で決済する手法がデイトレードです。

デイトレードでは30pips~50pips程度が損切りの目安です。

長期的なトレードになれば、損切りを行うときの値幅も広がっていきます。

 

中長期的なトレード手法であるスイングトレードでは、損切りの目安は50pips~100pips程度になります。

そして、長くて数カ月にもわたるトレード手法、ポジショントレードでは200pips程度を目安に損切りを行います。

 

トレンド転換が起こったら損切りポイント

FXで損切りを行うポイントとして、トレンド転換が重要です。

投資の世界では、上昇傾向にある銘柄をトレンドと呼びます。

リアルタイムのトレンドを見極め、的確な投資額をつぎこんでいくことで、利益はふくらんでいきます。

 

しかし、永続的に上昇傾向を描くようなトレンドはまずありません。

安定して利益をもたらしてくれていた銘柄でも、急に下落することはあります。

 

トレンド転換を見極めるには、テクニカル指標を用いるのが有効でしょう。

過去の相場データをもとにして、図表化した資料がテクニカル指標です。

 

テクニカル指標を分析できるようになれば、FXにおける為替レートの浮き沈みを予測しやすくなります。

テクニカル指標によってトレンドが転換したことを確認したら、ためらわずに損切りを行うのがFXで生き残っていくためのコツです。

 

トレンドは継続するときが多いので、一度下落傾向に転換したトレンドはなかなか上昇してはくれません。

そのまま同じポジションを保有していると含み損がふくらんでしまい、強制的に決済しなければ損失を抑えられなくなります。

 

決算によって損失を止める行為をロスカットと呼びます。

ロスカットをする前に、損切りによって損益を食い止めるとダメージは小さくて済んできます。

 

ロスカット

 

自分なりの損切りルールを決めておく

テクニカル指標や、トレード方法ごとの為替レートの変動など、損切りの目安はさまざまです。

より堅実にFXを続けていくには「自分なりの損切りルール」も設けておきましょう。

一般的な目安以外にも、自分の資質に合った損切りのタイミングがあると、損をするリスクが減ります。

 

「損切りのルール」の例として挙げられるのは「証拠金の損失」です。

証拠金の2%を失ったら損切りを行うというように、証拠金を守るためのルールを作ってみましょう。

 

また、純粋に「損をした金額」によって損切りを行う方法もあります。

為替レートの値幅などに関係なく、「3万円の損失が出たらすぐに損切りする」などと決めておくのは初心者でもわかりやすいルールです。

 

そして、「投資の根拠がなくなったとき」もルールのひとつとして効果的です。

FX投資家の多くは感覚でポジションを保有しているのではなく、それぞれの根拠を持っています。

 

チャート分析から「上昇傾向が見られる」、ファンダメンタルズ分析から「貨幣の価値が上がる」など、根拠があるからこそ大金も投資につぎこめるのです。

しかし、何らかの理由で根拠が揺らいでしまったなら、利益が出る可能性も激減します。

早急に損切りを行ってリスクを回避しましょう。

 

ポジションを持った時点で逆指値注文を行う

FXで含み損を抱えてしまってからでは、心理的に損切りを行いづらい傾向があります。

投資家は「までトレンドが転換するのではないか」という考えが働くうえ、自分の失敗を認めたくないからです。

すでに損が出ているにもかかわらず、現状のポジションに固執してしまう投資家は珍しくありません。

 

そのため、ポジションを持った時点で逆指値注文を用いておくと、損失を最低限に抑えることにつながります。

逆指値注文とは、あえて為替レートの状況と逆の注文を行う手法です。

FXの基本は「上昇傾向の貨幣は買い、下落傾向の貨幣は売る」ことですが、逆指値注文は売買のタイミングが逆になります。

 

トレンドには浮き沈みがあるため、現状の傾向がずっと続くわけではありません。

逆指値注文をしておくと、トレンドが転換したときに、すぐ相場へ便乗しやすくなります。

何より、含み損を抱えたときの保険としても機能するでしょう。

 

トレンドが下落し始めたとき、「買いポジション」しかなければ、損失がふくらむだけです。

しかし、逆指値注文によって「売りポジション」も抱えていると、損失と利益が相殺されます

逆指値注文をはじめとして、FXではあらかじめ損切りをするポイントを設定しておくことが大切です。

 

売りと買いをセットで注文するIFD注文

損切りの重要性がわかっていても、実際には上手に損切りを行えない投資家は少なくありません。

特に、初心者だと相場を読みきれずに損切りのタイミングを逃しがちです。

また、人間がお金を動かす以上、どうしても主観は入ってきてしまいます。

 

損切りポイントを固く決めて注文する方法として、IFD(イフダン)注文があります。

FXにおけるIFD注文では特定の貨幣に対して「売り」と「買い」を同時に行えます。

逆指値注文と似ていますが、売りポジションと買いポジションを並行して保有するのではなく、相場がある基準に達したら、自動的に「買い」が「売り」に変わるように注文しておく方法です。

 

IFD注文では、投資家の読みが大きく外れたとしても元手に深刻なダメージは残らないのがメリットです。

 

損切りを想定したOCO注文

FXでは複数のトレンドがある場合、どちらを買うべきか迷うときも出てきます。

ここで、もしも判断を間違えたら利益が失われるだけでなく、損失まで出てしまうので投資家の精神的ダメージは小さくありません。

 

そこで、迷ったときは2つとも注文する投資家もいます。

OCO注文という手法では、一度に2つの注文を出し、どちらかの注文が約定したらもう一方の注文が取り消しとなります

損切りを想定した注文としてFXの世界では有効です。

 

OCO注文は「新規注文」「決済注文」と、2つのシチュエーションで利用できます。

いずれも「指値」「ストップ」を指定できるのが特徴であり、たとえば新規注文では「売指値と売ストップ」を指定するなどの方法で、利益を守り、損失を抑えます。

 

ただし、損切り対策として決済注文の際にOCO注文を用いる投資家が多数派です。

OCO注文が効果的なのは、上昇するか下落するか分からない貨幣に投資する状況です。

上昇したときのために売り指値注文を入れておけば、成立時には利益がもたらされます。

 

同時に、下落したときのために売りストップ注文を入れておけば、損切りになります。

いずれかが成立すればもう片方の注文は取り消されるので、利益と損失が相殺されることもありません。

 

3つの注文と2つの決済注文が出せるIFO注文

FXで損失を出してしまう原因として「相場をチェックしている時間がない」という点が挙げられます。

 

特に、短期的なトレードでは数分の変動が損益を決めるポイントになりえます。

とはいえ、FXを「時間的拘束の少ない副収入」ととらえている人も多く、四六時中相場を見続けるのは困難だといえます。

そんな忙しい投資家に適した注文方法がIFO注文です。

 

IFO注文

IFO注文を簡単に説明すれば、IFD注文とOCO注文の性質を併せ持った注文方法であり、以下のような内容になっています。

・目をつけた貨幣がある程度上昇したら買いポジションを建てる

・さらに上昇したら決済する

・下落してしまったら決済して損切りを行う

 

このように複雑な新規注文、決済注文の希望を同時に行えるのがIFO注文のメリットです。

IFO注文をすると、相場を常に見守っていかなくても、当初の希望通りに投資が進んでいきます。

損切りの対策も整っているため、投資家が建てたポジションを放置しておいても、大きな損失が出る前に決済できる仕組みになっています。

新規注文と決済・損切りを同時に注文できるなんて最高ですね。

IFD注文はシステムトレードでも多く使われているわ。

 

ストップロスにも活用されるトレール注文

FXでは「いつのまにか為替レートが急激に変動し、予想もつかなかった損が出た」というケースが少なくありません。

為替レートは時事問題などにも大きく左右されるため、投資家が知らなかった条件が影響することも珍しくないのです。

こうした激動が起こった後であわてて損切りを行っても、損失が甚大になってしまいがちです。

 

そこで、トレール注文によりストップロスを確実にしておくのが得策です。

トレール注文とは相場の動きに反応し、自動的に注文価格がついていく逆指値注文を指す言葉です。

「利益を大きくしたいが、想定外の事態ではしっかりと元手も守りたい」という人には向いています。

 

通常、投資家の多くは「為替レートがこれくらいになったら損切りをする」とストップロスを考えながらFXに挑んでいます。

しかし、為替レートが上昇したときにはストップロスの値も引き上げなければ、せっかく上昇傾向にある最中のポジションを手放しかねません。

 

トレール注文ではあらかじめ、相場の1円差という風にトレール幅を決めておきます。

たとえば、為替レートが120円から121円になれば、ストップロスの値も119円から120円へと自動的に変動します。

トレール注文では損切りのタイミングを誤る可能性が減りますし、もしも損が出たとしても想定した最小限に食い止められます。

 

損切りがうまくできないとFXで負けやすい

FXでは、損切りをまったくしないのも、損切りをしすぎるのも損失を出す原因になりえます。

損切りをうまく使いこなせないとFXでは負けやすいと覚えておきましょう。

 

まず、損切りができない投資家は、「コツコツドカン」とやられてしまう傾向にあります。FXとは短期間で莫大なプラス収支を記録することはほとんどありません。

投資を繰り返して少しずつ元手を増やしながら、最終的に大きな取引ができる状態にするのが成功のポイントです。

 

ところが、せっかく貯めた元手を失うときは一瞬といっても過言ではありません。

急落した買いポジションを保有し続けていると、あっという間にダメージは広がります

 

FXを始めた時点で「もしものときの損切りの方法」は考えておきましょう。

一方で、無駄な損切りが多い人も、「損切り貧乏」となってしまいます。

短時間のトレードであれば、すぐに損切りを行うことも重要でしょう。

 

しかし、長期間で利益を出そうとするトレードなら、少しくらいの変動に反応してしまうと非効率的です。

少しずつ元手を小さくしていき、大きな利益が出ない状態になります。

損切りは最初に「この目安で行う」と決めておき、為替レートが変動しても「目安の値になるまでは損切りを待つ」判断も大切です。

 

資金管理を徹底して行う

FXでは許容損失額を想定してから投資を開始する人が大半でしょう。

ところが、いざ自分が許容できる損失以上の含み損を抱えてしまうと、なかなか損切りできなくなってしまうケースが多いのです。

 

理由として「正常な判断力をなくしてしまう」「大損をしたのだからいつか逆転できるという根拠のない考えが生まれる」などが挙げられます。

「設定した基準で素早く損切りをする」のが鉄則ではあるものの、自信がない投資家は資金量を考え直しましょう。

そもそも、FXで「大損をした」「証拠金にまで手をつけてしまった」などの失敗をする人は、資金量が間違っているといえます。

 

特に、FXについての知識も経験も追いついていない初心者は、損をしても深刻なダメージにならない額からFXを始めるのがおすすめです。

また、本格的にトレードを行う前に、デモトレードなどで感覚を磨いておきましょう。

1回あたりのトレードにあてる資金量をコントロールすると、全額失ったとしても「立ち直れない」ほどの打撃は受けません。

 

FXでは失敗することが悪いのではなく、「失敗時の対策ができていない」のが問題です。

失敗したときには、成功につながる教訓を得たとの考え方もできます。

あとは、教訓を生かして再度、投資を行えるように資金を残しておく工夫が必要です。

 

損失を最小限に抑える負け方を身につける

FXを始めるからには、ほとんどすべての投資家が「勝ちに行く」つもりでいるでしょう。もちろん、向上心を持って投資を行うのは正しい姿勢です。

しかし、「勝ち」だけを考えて「負け」についての意識が薄れてしまうと、FXでは長期的な成功を収められません。

 

なぜなら、FXでは「負け」がつきものだからです。どんなに優秀な投資家でも、負けは何度も味わっています。

それでも、成功者が大きな利益を確保しているのは「安全な負け方」を知っているからです。

損切りをはじめとする、損失を最小限に抑える負け方を心がけておけば、長く安定して勝ち続ける方法も見出せます。

 

大きな負けをしなければ、投資家には次のトレードに挑むだけの元手が残されます。

そうやって何度も経験を積み、相場の傾向が分かっていくと、徐々に勝率も上がっていくのです。

 

投資の世界では「負け」もまた日常のひとつです。

だからこそ「大きく勝って小さく負ける」方向で頭脳を切り替えていきます。

FXで利益を出すのと同じくらい、負けを抑えるのは価値のある行為だと覚えておきましょう。

 

日々のトレード記録をよくチェックする

FXで負けてしまった場合、記憶を振り返るのは悔しいものです。

しかし、これからFXで成功するための糧として、日々のトレード記録はしっかりと保管するようにしましょう

 

できれば、日記のような形で「いつにどんなトレードを行い、結果はどうだったか」が確認できるようになっているのが理想です。

日々のトレード記録を見返ることで、見えてくる部分は多いからです。

 

まず、自分のトレードをデータとして客観視すると意識していなかった傾向が分かります。「少しの変動を怖がってすぐ損切りしてしまう」など、今後に活かせる反省点が浮かび上がってくるでしょう。

 

また、数字を記録することで、お金の重みは増していきます。

リスクヘッジは十分に整えつつ、堅実に利益を生み出していく大切さを再認識できます。

FXの参考になるトレード記録を作るには、最低限記載しておきたい項目も押さえておきましょう。

 

「日時」「取引銘柄」「投資金額」「損益」などは必須ですが、そこに自分の意見が載っているとより成長につながります。

「どうしてこのポジションを建てたのか」「感想や反省点」を書いておくと、見返したときに深い考察ができるでしょう。

 

また、トレード時点での為替レートの動きも載せておくのも効果的です。

トレード記録はあくまで自分のためにつける文書なので、欠点も含めて正直なデータを残していきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はFXの損切りについて紹介してきました。

 

損切りは損失が出たときに、損失をさらに拡大させないために最小限の損失で決済することです。

FXで利益を挙げようと思うなら、損切りは大切です。

また損失が出たとしてもあせらずに対応し、実践を通して先読みの力を磨いていきます。

 

損切りやトレード記録の分析などはFXの初歩的な部分ですが、有名な投資家も欠かすことなく心がけています。

コツコツとFXを学んで利益を上げていきましょう。

 

約定力9年連続NO.1を誇るマネーパートナーズ。 スリッピページが起きにくく、スピード約定します。 あなたもマネーパートナーズで口座開設をしませんか?

合わせて読みたい
FX初心者が最初に知っておきたい基礎知識

FXってなに?投資初心者が稼ぐために必ず見るべき入門基礎知識

FX会社の比較

FX会社は何を比較するべき?初心者おすすめFX会社の選び方とコツ

FXを10万円で始めよう

FX初心者は元手10万円から始めよう!少額投資で稼げる6つのコツ

FXの始め方

初心者向けFXの始め方!口座開設から取引のやり方まで徹底解説

FX勉強アイキャッチ

FXは勉強した分だけ勝利に近づく!?正しい勉強法で勝率UP!

ストップロス アイキャッチ

FXで堅実に勝つための必須テクニック!「ストップロス」を解説!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x