スワップポイントをガッツリ狙え!南アフリカランドで取引しよう!

南アフリカランドで取引しよう

 

FXで取引を行う際には、まず最初に通貨ペアを選びますよね。

通貨ごとに異なる特徴を持っているので、取引を行う際は通貨の特徴を把握しておくことが重要です。

今回は、高金利という大きな特徴を持つ南アフリカランドについて紹介していきます。

 

「南アフリカランドってどんな通貨なの?」

「南アフリカランドでどういう風に取引をすればいいの?」

と思っているかたもいらっしゃると思います。

こんにちは、FXを勉強中の大輔です!
南アフリカランドって南アフリカにある遊園地のことですか?

ネズミの王国のイメージを引きずっているわね・・・。
南アフリカランドは通貨の名前よ。

南アフリカの遊園地ってどんな感じなんでしょうね?

さて、気を取り直して今回は僕と一緒に南アフリカ共和国の通貨である、南アフリカランドについて勉強していきましょう!

 

南アフリカランドはZARという名前でも表記されています。

南アフリカランドはFXでは魅力的な特徴を持つ通貨なので、ぜひ覚えておきましょう!

 

そもそも南アフリカってどんな国?

南アフリカランドは、南アフリカが発行しています。

相場には国の情勢などが大きく関わってくるので、南アフリカという国がどんな国なのかということを勉強しておきましょう!

 

南アフリカとは?

 

南アフリカ共和国はアフリカ大陸の最南端に位置する人口4,932万人の国です。

2010年に開催されたブブゼラが鳴り響くワールドカップが印象に残っている方も多いのではないでしょうか?

本田選手の無回転フリーキック、興奮しましたね!

 

南アフリカは、2000年以降に著しい経済発展を遂げた5カ国「BRICS」の一角で、アフリカで唯一G20の会合に参加している有力な新興国です。

 

南アフリカを含む、サブサハラ・アフリカ地域は2030年代に総人口が中国やインドを抜くとみられ、長期的に見ても有望な市場と言われています。

また、南アフリカは金やプラチナなどの鉱業が盛んな国でもあります。

 

経済成長が著しい南アフリカですが、情勢は不安定です。

現状だと失業率がかなり高いことや、政治の混乱が起こっていることなどの問題も抱えています。

ブブゼラ買ったなあ・・・。
うるさすぎて近所の人に怒られたっけ。

南アフリカランドの特徴

ここからは、南アフリカランドの3つの特徴を紹介します!

 

1、高金利通貨である

南アフリカランドは非常に金利の高い通貨です。

FXでは、金利の高い通貨を扱うことで多くのスワップポイントが得られるので、金利の高さは大きな魅力と言えます。

 

スワップポイントとは、ポジションを持っているだけで得ることができる、通貨ペアの金利差から得られる利益です。

金利の高い南アフリカランドと金利の低い円の組み合わせである、南アフリカランド/円は、たくさんのスワップポイントが得られる通貨ペアとなります。

 

スワップポイントについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考にしてください。

スワップポイントってどんな仕組み?コツコツ利益を積み上げよう!

 

南アフリカランドは、金利を常に5%以上でキープしていて、現在(2018年10月)の金利は6.5%です。

円の金利が0.1%、米ドルの金利が2.25%(いずれも2018年10月のデータ)であるということをふまえるとかなり金利が高いということが分かると思います。

 

2、新興国通貨である

南アフリカランドは、新興国通貨であり市場の流通量が少ない通貨です。

流通が少ない通貨は、ボラティリティ(価格変動率)が高く不安定な通貨となります。

 

ボラティリティが高い理由の一つは、基本的に南アフリカの中央銀行が市場に介入しないことです。

そのため、為替相場の動きに投資家たちの考えがそのまま反映されて、ボラティリティが高くなっています。

 

ボラティリティの高さはうまく付き合えば大きな利益につながりますが、大きなリスクも伴うものです

南アフリカランドを扱う際には、リスク管理を徹底しましょう!

 

3、資源国通貨である

先ほども説明しましたが、南アフリカ共和国は金やプラチナなどの資源の輸出が盛んな国です。

資源の輸出が盛んな国の通貨は資源国通貨と分類され、通貨の価格が資源の価格と連動しやすいと言われています。

 

ブラジルレアルや豪ドルなども同様の特徴を持った通貨です。

また、資源国通貨は資源輸出が国の景気と大きく関係しているので、貿易収支などの経済指標の影響も受けやすい通貨と言われています。

 

南アフリカランド/円の相場動向

近年の南アフリカランド/円の相場動向がどうなっているのかを見ていきましょう!

 

南あランド/円の相場動向

 

南アフリカランドは2008年のリーマンショックが原因で大きく価格が下落しました。

その後、回復するように価格は上昇しましたが、大きな流れとしては、価格が下落していっている傾向にあります。

 

スワップポイントを狙って買いのポジションを持っていても、通貨の価格が下落してしまっていっては、損をすることにつながってしまいます。

相場の流れも読んで適切に資金を管理するようにしましょう。

 

また、南アフリカランドを扱った通貨ペアは、「南アフリカランド/円」だけではなく、「南アフリカランド/米ドル」や「南アフリカランド/ユーロ」などもあります。

扱っている通貨ペア数が豊富なOANDA Japanではこれらの通貨ペアでも取引を行うことができます。

 

注目するべき5つの経済指標

あつかうべき5つの指標

 

経済指標は、相場の動きを読むためには重要なものです。

今回は、南アフリカランドを扱ううえで見ておくべき経済指標を5つ紹介します。

 

1、政策金利

政策金利は、毎月下旬に南アフリカ準備銀行(SARB)が発表しています。

スワップポイントは金利によって決められています。

ですので、政策金利はスワップポイントを狙った取引を行っている人は確認すべき指標であるといえます。

 

スワップポイントはポジションを保持していれば毎日貰えるものです。

そのため、金利が1%変わるだけでも収支に大きな影響が出てきます。

 

2、消費者物価指数(CPI)

消費者物価指数とは、消費者が実際に購入する商品の小売価格の変動を表す指数です。

毎月20日ごろの17時に発表されます。

 

消費者物価指数が高まると、インフレ率が高まっていると見ることができます。

インフレ率が高すぎると、インフレの抑制のために政府が金利を引き上げる可能性が出てきます。

政府のインフレ目標は3%~6%なので、消費者物価指数がその数値を超えているときは要注意です。

インフレってなんでしたっけ?
ニュースはテキトーに聞き流しているので、聞いたことはあるけどよくわからないです。

ちゃんとニュースは見ましょうね。
インフレはお金が市場に流れすぎて、お金の価値が低くなっている状態よ。

なんで政府はインフレの抑制のために政策金利をあげるんですか?

金利が上がればみんな銀行にお金を預けるようになるでしょ。
それで、市場に流れるお金を少なくしてインフレを抑えると言われているわ。

3、貿易収支

貿易収支とは、南アフリカの輸出と輸入の収支のことです。

南アフリカの歳入庁が毎月下旬の、日本時間21:00時ごろに発表しています。

 

南アフリカは資源輸出が盛んな国ということもあるので、貿易収支から南アフリカの景気をうかがえることができます。

貿易収支がよくなると、南アフリカランドの景気も良いと判断され、通貨が買われやすくなります。

 

4、VIX指数(恐怖指数)

VIX指数は、投資家の不安心理を示すと言われている指標です。

VIX指数が高いほど、市場の参加者に間に不安感が高まっているということを示します。

 

市場の不安感が高まってくると、投資家たちは安全な円やスイスフランなどの通貨を求めるようになるのです。

そのため、円やスイスフランなどの安全な通貨の価値が上がります。

 

円やスイスフランなどとは反対に、南アフリカランドのような高金利で不安定な通貨は、投資家たちから手放されるようになります。

よって、不安定な通貨は価格が下落することが見込まれるのです。

 

恐怖指数と南アランド

 

逆に、世界経済が安定しているときは、投資家たちがリスクのある高金利通貨を求めるリスクオン(リスク選好)のムードが高まり、高金利な通貨は価格が上昇しやすくなると言われています。

 

リスクオンについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考にしてください。

FXは世界の経済状況に左右される!リスクオン・リスクオフとは?

 

5、GDP

みなさんも、GDP(国内総生産)という言葉は耳にしたことがあると思います。

GDPとは、国内の経済活動によって、生み出された財やサービスの付加価値の合計金額です。

 

GDPからその国の経済成長率が分かります。

GDPを見ることで、その国の全体的な経済状態や景気の動向を分析することができます。

 

発表されたGDPの結果が良ければ、その国の通貨の価値も上がり、相場が上昇すると考えることができるでしょう。

 

オススメのトレード手法!

南アフリカランド/円の魅力はなんといっても大きなスワップポイントが得られることです。

そこで取引の手法としては、長くポジションを保持してスワップポイントを稼ぐスイングトレードがオススメです!

 

南アフリカランド/円でスワップポイントがもらえるのは、買いのポジションを保持しているときです。

売りのポジションを保持していると、逆にお金を支払うことになるので注意しましょう!

 

また、スイングトレード行うときのコツは、あまりレバレッジをかけないことです。

一般的にスイングトレードでは、レバレッジは5倍以内に収めるとよいと言われています。

南アフリカランドはボラティリティの高い不安定な通貨であることもあるので、高いレバレッジをかけて取引を行うことはリスクが高いと言えるでしょう。

 

スイングトレードについてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考にしてください。

頻繁にチャートを見る必要なし!忙しい人でもできるスイングトレード

 

南アフリカランドの注意点!

ここからは南アフリカランドを扱う際の3つの注意点を紹介していきます。

 

南アランドの注意点

 

1、相場の変動が大きい!

先ほども説明しましたが、南アフリカランドは流通量の少ない値動きが不安定な通貨です。

相場が変動するときは一気に大きく変動するので、気を抜いていると大きな損失を出すことになるでしょう。

 

ここまでなら、損を出してもいいという価格をあらかじめ決めておいて、逆指値注文などを用いるなどリスク管理は徹底して行うようにしましょう!

 

リスク管理について詳しく知りたいという方はこちらの記事をご参考にしてください。

FXは危険と隣り合わせ!?リスクヘッジは必須スキルだった!

 

2、取引時間に注意!

南アフリカに関わる経済指標の多くは、日本時間の17:00~22:00に発表されます。

この時間帯は、南アフリカの経済指標の発表により取引が活発になるので、市場が動く可能性があり注意が必要です。

 

また、南アフリカは政治的にも安定しているとは言い難い状況です。

相場は、政治情勢の影響も受けるので南アフリカの政治関連のニュースにも目を向けるようにしておきましょう!

南アフリカのニュースかぁ・・・
まあ、でも意外と勉強ができる僕なら大丈夫ですね!

さっき、ニュースはテキトーに聞き流しているって言ってたわよね・・・

3、スキャルピングには不向き

スキャルピングとは、1回の取引が数秒~数分間で、数銭~数円の小さな利益を狙う超短期トレードです。

スキャルピングでは、一日に何度も取引を行うので取引のたびにかかるコストを抑えることが重要視されます。

 

取引にかかるコストのひとつにスプレッドがあります。

南アフリカランド/円は基本的にスプレッドが広く設定されている、取引コストが高い通貨ペアです。

つまり、取引コストをなるべく抑えたいスキャルピングには不向きと言えます。

 

スキャルピングについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご参考にしてください。

短時間でどんどん取引して稼ぐ!取引手法「スキャルピング」とは!?

 

どのFX会社を選ぶべきか

南アランドを扱うには

 

南アフリカランド/円で取引を行うなら、大きなスワップポイント狙っていくトレードスタイルがおススメです。

ということで、FX会社もスワップポイントが高く設定されているところを使うことをオススメします

 

実は、スワップポイントは通貨ペアごとにも異なりますが、FX会社によっても異なります。

スワップポイントは会社ごとにかなりの差があるので注意して確認しましょう!

 

南アフリカランド/円のスワップポイントが高く設定されている会社は、くりっく365を用いたサービスを提供している会社や、ヒロセ通商などが挙げられます。

 

くりっく365とは様々なFX会社で利用できる、東京金融取引所により開設されたFXの公設市場です。

くりっく365では、南アフリカランド/円のスワップポイントがかなり高く設定されています。

 

また、くりっく365は東京金融取引所が運営しているので店舗FXよりも信頼性が高く、安全に取引を行うことができます!

 

くりっく365はGMOクリック証券や、外為オンラインで利用することができます。

くりっく365

くりっく365

 

ヒロセ通商も南アフリカランド/円のスワップポイントがかなり高く設定されています。

また、ヒロセ通商はオリコンが実施するFX会社の総合的な満足度を測る調査で、何年も1位を取っているなど、ユーザーからの評価も高い会社です。

 

外国為替証拠金取引なら

 

スワップポイントを重視しつつ、自分に合った会社を選びましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?

 

南アフリカランドは高金利という大きな魅力を持った通貨です。

スイングトレードを行うことでたくさんスワップポイントを稼ぐことができます。

 

しかし、そのような魅力がある一方で、不安定な通貨でもあります。

リスク管理は徹底して行うようにしましょう。

 

また、スワップポイントを狙う場合は、FX会社選びがとても重要になるので、有利に取引ができる会社を選ぶようにしましょう!