FXスプレッドで徹底比較!取引コストの安いFX会社はここだ!


 

取引するときにスプレッドが重要って聞くけど、どういうものなんだろう?

簡単に言えば、スプレッドは実質的なFX会社の取引手数料よ。

FX取引をはじめようとしてFX会社を検討すると、比較項目の筆頭にあげられることが多いのが「スプレッド」です。
しかし、FX取引の初心者のなかには、スプレッドの意味がよく分からないという人も少なくありません。

FX取引を行っていくには、スプレッドの意味を正しく理解することが大切です。

スプレッド・取引コストの安いFX会社3選!

GMOクリック証券
GMOクリック証券
  • 業界紙狭水準のスプレッドを提供!
  • 取引のしやすい高機能の取引ツール
  • 高い水準のスワップポイントで中長期トレードも!
DMMFX
DMMFX
  • 国内のFX口座開設数第1位!
  • 全20通貨ペアが業界最狭水準のスプレッド
  • FX業界初のLINE対応で気軽に質問
FXブロードネット

FXブロードネット

  • 業界トップクラスの低取引コストを実現!
  • 自分の取引スタイルに合わせた取引コースが選べる
  • 少額の1,000通貨単位から取引可能

そもそもスプレッドとは?

スプレッドは売値と買値の差のことです。
FXの取引ツールでは、買値が「ASK」、売値が「BID」などと表示されて並んでいます。
そして、通常買値のほうが高く、売値が低いです。

スプレッド

以上のように買値が「110.152円」で売値が「110.146円」になっている場合「110.152-110.146=0.006円」がスプレッドです。
このスプレッドは実質FX会社に支払う手数料にもなるため、FXを始めるときにはスプレッドの低いFX会社を選ぶことが重要です。

FX10社の主要通貨ペア別のスプレッド比較

FX会社米ドル円ユーロ円ポンド円豪ドル円NZドル円南アランド円詳細
GMOクリック証券0.3銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭1.0銭
DMMFX0.3銭0.5銭1.0銭0.7銭1.2銭1.0銭
ヒロセ通商0.3銭0.5銭1.0銭0.7銭1.0銭1.0銭
インヴァスト証券0.3銭0.5銭1.0銭0.6銭1.7銭1.8銭
みんなのFX0.3銭0.4銭0.7銭0.4銭1.0銭1.8銭
FXプライム byGMO0.6銭0.9銭1.8銭1.3銭2.0銭3.0銭
マネーパートナーズ0.3銭0.4銭0.9銭0.6銭1.2銭1.0銭
JFXロゴ0.3銭0.5銭1.0銭0.7銭1.0銭1.0銭
FXブロードネット0.3銭0.5銭1.5銭0.6銭1.3銭16.4銭
LIGHTFX0.3銭0.4銭0.7銭0.7銭1.0銭1.8銭

※2019年5月20日時点
※スプレッドはすべて原則固定(例外あり)

気になるスプレッドの疑問

スプレッドの変動制と固定制とは

「スプレッドの変動制と固定制ってなにが違うの?」と疑問をお持ちの方多いのではないでしょうか。
スプレッドには変動制と固定制の2種類があります。

固定制
通常は原則的に固定されているスプレッドです。
しかし、要人の発言や経済指標の発表時には為替の大きな値動きに合わせて変動する場合があります。
変動制
常に変動するスプレッドです。
流通量の少ない時間帯に変動する場合が多くあります。

以上のような違いがありますが、FX会社を選ぶ際には原則固定のスプレッドを提供しているFX会社をおすすめします。

スプレッドが広がる原因

スプレッドは相場状況によって為替と同じく変動します
そして、原則固定のスプレッドよりも狭くなることはありません。
広がってしまう原因には通貨の流動性が大きくかかわります

とくに月曜日の朝やニューヨーク市場のクローズは通貨の流動性が著しく少なくなり、スプレッドが広くなる傾向にあるんです。
また要人の発言や重要な経済指標の発表時には為替の値動きが大きくなるためにスプレッドも1銭以上大きく変動することがあります。

スプレッド重視でFX会社を選ぶポイント

スプレッドの狭さは重要!

基本的にスプレッドの狭いFX会社をチェックしましょう。
取引する通貨ペアによってはスプレッドの狭いFX会社は違います。

とくに取引量の多く馴染みのあるドル円を0.3銭で提供しているGMOクリック証券DMMFXなどは、ほかの主要通貨ペアのスプレッドを業界最狭水準で提供しているのでおすすめです。

約定力の高さで取引コストをおさえる

スプレッドだけでなく約定力の高さはFX取引において重要です。
どれだけ狭いスプレッドを提供しているとはいえ、約定力が低ければトレーダーの意図した価格とはずれて注文されてしまうスリッページが起きてしまいます。

そして、スリッページが発生したときトレーダーが支払う取引コストはスプレッド+意図した価格と約定したときの価格の差になるのです。
とくにスキャルピングをするトレーダーはスプレッド+約定力の高いFX会社を選ぶことが重要です。

原則固定のスプレッドを提供している

FX取引をおこなううえで同じスプレッド幅である場合、原則固定のスプレッドを提供しているFX会社を選びましょう。
変動制に比べて原則固定のスプレッドは平均取引コストは狭く、「原則固定」のほうが安くなるのです。

変動制のスプレッドを採用しているFX会社では、一見するとスプレッドが狭く、取引コストが安く感じるかもしれません。
しかし、リスクが大きくなることもあるので、「原則固定かどうか」についてはチェックしておきましょう。

スプレッド&取引コストの安いおすすめのFX会社

GMOクリック証券

GMOクリック証券

  • ドル円0.3銭の業界最狭水準のスプレッドを提供!
  • スマホからPCまで扱いやすい取引ツール
  • スワップポイントも高い水準
GMOクリック証券のスプレッド(原則固定)
ドル円ユーロ円豪ドル円
0.3銭0.5銭0.7銭

GMOクリック証券FX取引高が7年連続世界1位を誇る人気のFX会社になります。
業界最狭水準のスプレッドから扱いやすいスマホ取引ツール、高い水準のスワップポイントと提供しているサービスのすべてがトップクラスです。

DMMFX

DMMFXのキャッシュバックキャンペーン

  • 全通貨ペアのスプレッドが業界最狭水準
  • FX口座数国内No1!
  • FX業界初のLINE対応のサポート
DMMFXのスプレッド(原則固定)
ドル円ユーロ円豪ドル円
0.3銭0.5銭0.7銭

DMMFXは国内のFX口座数が第1位のFX会社です。
提供している全取引通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準であり、シンプルで初心者でも使いやすい取引ツールと合わせて、多くのトレーダーが口座を開設する人気の理由にもなります。

FXブロードネット

FXブロードネット

  • 業界最高水準の低取引コスト
  • 少額の4,000円から取引可能!(1,000通貨単位)
  • 今話題の利益をコツコツ積み上げる自動売買「トラッキングトレード」
FXブロードネットのスプレッド(原則固定)
ドル円ユーロ円豪ドル円
0.3銭0.5銭0.6銭

1,000通貨単位から取引が始められるFXブロードネットは、2018年8月に実施されたゼネラルリサーチ調べのFXサービス取引コストで満足度No1を獲得しています
さらに裁量トレードに慣れていない初心者でも、FXブロードネットの自動売買「トラッキングトレード」を利用してみるのもよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はスプレッドについて紹介してきました。

スプレッドはFX取引における実質の取引手数料のようなものです。
そして、スプレッドには変動制と固定制があり、同じスプレッド幅でも原則固定のスプレッドのほうが取引コストは安くなります。

スプレッド重視でFX会社を選ぶポイント
  • スプレッドの狭いFX会社をチェック!
  • 原則固定のスプレッドを提供している
  • 約定力の高さ
合わせて読みたい
FX初心者が最初に知っておきたい基礎知識

FXってなに?投資初心者が稼ぐために必ず見るべき入門基礎知識

FX会社の比較

FX会社は何を比較するべき?初心者おすすめFX会社の選び方とコツ

FXを10万円で始めよう

FX初心者は元手10万円から始めよう!少額投資で稼げる6つのコツ

FXの始め方

初心者向けFXの始め方!口座開設から取引のやり方まで徹底解説

FX勉強アイキャッチ

FXは勉強した分だけ勝利に近づく!?正しい勉強法で勝率UP!

ストップロス アイキャッチ

FXで堅実に勝つための必須テクニック!「ストップロス」を解説!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x