スーパーボリンジャーとスパンモデルを使ってトレンドを見抜こう


スーパーボリンジャーとスパンモデルを一緒に使うことがおすすめ

 

FXの取引を行うのに、かかせないのがテクニカル分析ですよね!
今回はテクニカル分析の1つ、スーパーボリンジャーをご紹介します。
スーパーボリンジャーはボリンジャーバンドと、一目均衡表の遅行スパンを組み合わせたものです。

「ボリンジャーバンドって、線がたくさんあるやつ?」
「スーパーボリンジャーってボリンジャーバンドよりさらに難しいの?」
と思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かに線がたくさんあって難しく感じるかもしれませんが、1つ1つの線の意味がわかればチャートがぐっと見やすくなります!
スーパーボリンジャーの見方と使い方を一緒に見ていきましょう。
また、スーパーボリンジャーとセットともいえるスパンモデルについてもお話しします。

こんにちは。
日々、FXの勉強に励んでいる大輔です。
僕はテクニカル分析が大好きです!
今日もテクニカル分析の話ができるのが楽しみで仕方ありません!

最初は、テクニカル分析を教えようとしただけで青ざめるくらい苦手だったのに、大輔くんはずいぶん成長したわね。

はい!
なんたって今回のテーマはスーパーボリンジャー!
僕は正義の味方です!
愛と勇気と希望をみなさんにお届けしますよ!

もしかして、〇〇レンジャーとスーパーボリンジャーが混ざっちゃってる!?

すみません、ちょっと熱くなってしまいました。
さて、気を取り直していきましょう!

テクニカル分析には大きく分けて2つの種類があります。
1つはトレンド系でもう1つはオシレーター系です。

トレンド系:今の為替の動きは上昇しているのか、下降しているのか、もみ合っているのか、今後はどちらへ動くのか、などのトレンドを見極めるテクニカル分析です。

オシレーター系:相場の強弱を見極めるテクニカル分析で「売られすぎ・買われすぎ」を示すものになります。

 

今回ご紹介するスーパーボリンジャーとスパンモデルはどちらもトレンド系になります。

スーパーボリンジャーとスパンモデルが搭載された取引ツールが使えるFX会社はこちら!

FX会社 ツールの特徴

DMM FX(詳細はこちら)

DMMFXのプレミアチャートは分析特化のツールで自由自在な取引が可能!
スーパーボリンジャー含むさまざまなテクニカル分析も利用できるため、自分に合った環境を素早く構築できます。

ヒロセ通商 (詳細はこちら)

ヒロセ通商のLIONチャートは初心者でも扱いやすいラクラクツール!
複数のテクニカルを組み合わせた売買シグナルによって取引のタイミングを確認できます。

マネーパートナーズ(詳細はこちら)

マネーパートナーズのHyperSpeed NEXTは自分の取引方法に合わせた環境を作れる取引ツールです!
プロ仕様の機能とさまざまなテクニカル指標を搭載しており、より細かいチャート分析を可能にしています。

外為ジャパン(詳細はこちら)

外為ジャパンのFX PLUSはシンプルながらも使いやすい取引ツールです。
機能の拡張も豊富で初心者からプロまで誰でも使えるスタイルになっています。

JFX(詳細はこちら)

JFXのMATRIXチャートは従来のJFXチャートからさらに進化した取引ツールです。
既存のテクニカルはもちろんスーパーボリンジャーとスパンモデルを搭載し、さらに充実した相場の分析を可能にしています!

それではまずスーパーボリンジャーについて詳しく見ていきましょう。

 

スーパーボリンジャーとは?

スーパーボリンジャーは日本人の柾木利彦氏(通称マーフィー)が考案したテクニカル分析です。
ちなみになぜ「マーフィー」かというと、愛読していた「マーフィーの法則」などから名前を取ったのが理由のようです。

スーパーボリンジャーは、ボリンジャーバンドと、一目均衡表の「遅行スパン」を組み合わせて作られています。
スーパーボリンジャーを見る前に、ボリンジャーバンドと一目均衡表を先に見てみましょう。

 

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは、ジョン・ボリンジャー氏が考案したテクニカル分析で、移動平均線とその上下に値動きを示す線から形成されていて、線の幅のことをバンドといいます。
ボリンジャーバンドは統計学で、バンドの幅の中に価格が収まる確率を表しています。

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは7本の線があります。
上から以下の順番で成り立っています。

+3σ(シグマ)
+2σ(シグマ)
+1σ(シグマ)
移動平均線
-1σ(シグマ)
-2σ(シグマ)
-3σ(シグマ)

 

σは上下にどれだけ価格が動くかを表しています。
移動平均線から見て価格がこの中に収まる確率は、以下の通りです。

・1σは上下ともに約68.26%
・2σは上下ともに約95.44%
・3σは上下ともに約99.73%

 

ボリンジャーバンドのシグナルは以下の通りです。

【上昇サイン】 ・移動平均線が上向きで、直近高値を更新し+2σまたは+3σを上に抜けたとき

【下降サイン】 ・移動平均線が下向きで、直近安値を更新し-2σまたは-3σを下に抜けたとき

 

また、バンドが狭くなってきたら、近いうちに強いトレンドが来る可能性があります。
強いトレンドが発生しているとバンドの幅は広がります。

ボリンジャーバンドはその名の通りバンドが重要なんですね!

次に一目均衡表を見ていきましょう。

 

一目均衡表とは?

一目均衡表は、細田吾一氏(ペンネーム一目山人)が考案したテクニカル分析です。
「基本線」「転換線」「遅行スパン」「先行スパン1」「先行スパン2」の5本の線で形成されています。

一目均衡表

それぞれの線が表すものは、以下の通りになります。
※日足だとローソク足〇日分となりますが、日足以外のローソク足の設定をする場合もありますので、ここではローソク足〇本分と書きます。

基準線:過去26本分のローソク足の高値と安値の平均で、計算式は「(高値+安値)÷2」です。

転換線:過去9本分のローソク足の高値と安値の平均で、計算式は「(高値+安値)÷2」です。

遅行スパン:現在のローソク足の終値を26本分、過去にずらしたものです。

先行スパン1:先行スパン1の計算式は「(転換線+基準線)÷2」で、基準線と転換線の平均をローソク足26本分先行させて表示させたものです。

先行スパン2:先行スパン2の計算式は「(過去52本分のローソク足の高値+安値)÷2)」で、過去52本分の最高値と最安値の平均をローソク足26本分先行させて表示させたものです。

:先行スパン1と、先行スパン2の間の部分です。

 

一目均衡表のシグナルは以下の通りです。

【上昇サイン】 ・転換線が基準線を上に抜けたとき ・遅行スパンがローソク足を上に抜けたとき ・ローソク足が雲を上に抜けたとき

【下降サイン】 ・転換線が基準線を下に抜けたとき ・遅行スパンがローソク足を下に抜けたとき ・ローソク足が雲を下に抜けたとき

スーパーボリンジャーにおいて遅行スパンが重要になってくるから、今回は最低でも運行スパンを覚えてもらえれば大丈夫よ。

 

スーパーボリンジャーの見方と使い方

さて、ボリンジャーバンドと一目均衡表を踏まえて、スーパーボリンジャーを見ていきましょう。

一目均衡表の遅行スパンは26本分遅らせたものが使われることが多いですが、スーパーボリンジャーの場合は21本分遅らせたものが使われることが多いです。
ボリンジャーバンドと遅行スパンを組み合わせることによって、より精度の高いトレンドの見極めが期待できます。
σはボリンジャーバンドと同じで、以下の通りです。

+3σ(シグマ)
+2σ(シグマ)
+1σ(シグマ)
移動平均線
-1σ(シグマ)
-2σ(シグマ)
-3σ(シグマ)

 

σの確率もボリンジャーバンドと同じになります。

・1σは上下ともに約68.26%
・2σは上下ともに約95.44%
・3σは上下ともに約99.73%

 

スーパーボリンジャーのトレンドのシグナルを図と一緒に見ていきましょう。

スーパーボリンジャー陽転陰転

【上昇サイン】
・遅行スパンがローソク足を上に抜いたら陽転と呼ばれ、上昇トレンドへの転換のサイン
・陽転したあとに遅行スパンが+2σより上にあるときは、強い上昇トレンドのサイン
・ローソク足の終値が+2σよりも上にあるとき

【下昇サイン】
・遅行スパンがローソク足を下に抜いたら陰転と呼ばれ、下降トレンドへの転換のサイン
・陰転したあとに遅行スパンが-2σより下にあるときは、強い下降トレンドのサイン
・ローソク足の終値が-2σよりも下にあるとき

 

スーパーボリンジャーもボリンジャーバンドと同様に、バンドが狭くなってきたら近いうちに強いトレンドが来る可能性があります。

バンドの幅が狭くなってきたらトレンドが来るサインかも!?
僕もサインを見つけるぞ!

 

スパンモデルとは?

スパンモデルはスーパーボリンジャーと同様で、柾木利彦氏が考案したテクニカル分析です。
スパンモデルは一目均衡表の「雲」と「運行スパン」で形成されています。
ざっくりいうと、スパンモデルは一目均衡表をシンプルで見やすくしたものです。

スパンモデル

スパンモデルの線を1つずつ見てみましょう。

遅行スパン:現在のローソク足の終値を26本分、過去にずらしたものです。

スパンA(青):一目均衡表の先行スパン1と同じで、一目均衡表の基準線と転換線の平均をローソク足26本分を先行させて表示させたものです。
短期の線になります。

スパンB(赤):一目均衡表の先行スパン2と同じで、過去52本分の最高値と最安値の平均をローソク足26本分先行させて表示させたものです。
長期の線になります。

ゾーン(雲):スパンAとスパンBの間の部分です。
青い雲はサポートゾーン、赤い雲はレジスタンスゾーンになります。

サポートゾーンが現れると今のトレンドが「買い優勢」を示しています。
レジスタンスゾーンが現れると今のトレンドが「売り優勢」を示しています。

 

スパンモデルが一目均衡表と違うところはこのゾーンになります。
一目均衡表の雲はローソク足25本分先に表示されますが、スパンモデルのゾーンはリアルタイムで直近の足に雲が表示されます。
一目均衡表の雲はこれからトレンドがどのような動きを予想するかに使いますが、スパンモデルのゾーンは押し目買いや戻り売りのポイントを見つけることに活用できます。

押し目買いや戻り売りについてはこちらの記事をご覧ください。

上昇・下降の波に上手に乗って「押し目買い」「戻り売り」を狙おう!

 

スパンモデルのトレンドのシグナルを図と一緒に見ていきましょう。

スパンモデルゾーンねじれ

スパンモデルのシグナルは以下の通りです。

【上昇サイン】
・スパンA(青)がスパンB(赤)を上回り、ローソク足がスパンAに近づいたとき
・遅行スパンがローソク足を上に抜けたとき(陽転)
・ローソク足がレジスタンスゾーンを上に抜けたとき

【下降サイン】
・スパンB(赤)がスパンA(青)を上回り、ローソク足がスパンAに近づいたとき
・遅行スパンがローソク足を下に抜けたとき(陰転)
・ローソク足がサポートゾーンを下に抜けたとき

【レンジ相場】
・遅行スパンと価格が何度も交差したとき

【トレンド転換】
・ゾーンがねじれたとき
・ゾーンの幅が狭いとトレンドが弱く、広いとトレンドが強い

 

スーパーボリンジャーとスパンモデルはセットで使うことがおすすめです。
スーパーボリンジャーで大きなトレンドの方向を確認して、スパンモデルでエントリーポイントを見極めるのに活用します。
複数のテクニカルチャートを組み合わせることでより精度の高い分析をして、勝率を上げていきましょう!

スーパーボリンジャーとスパンモデルはセットで使うといいんですね!

僕とリサさんもすっかりセットですね。

そうね。

これからも二人で一緒に仲良くやっていきましょうね。

あれ、リサさんがやけに優しいぞ。

調子狂っちゃうなぁ。

 

 スーパーボリンジャーが使えるFX会社

スーパーボリンジャーが使えるFX会社を一覧にしました!
テクニカル指標を使った取引をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

FX会社 ツールの特徴

DMM FX(詳細はこちら)

DMMFXのプレミアチャートは分析特化のツールで自由自在な取引が可能!
スーパーボリンジャー含むさまざまなテクニカル分析も利用できるため、自分に合った環境を素早く構築できます。

ヒロセ通商 (詳細はこちら)

ヒロセ通商のLIONチャートは初心者でも扱いやすいラクラクツール!
複数のテクニカルを組み合わせた売買シグナルによって取引のタイミングを確認できます。

マネーパートナーズ(詳細はこちら)

マネーパートナーズのHyperSpeed NEXTは自分の取引方法に合わせた環境を作れる取引ツールです!
プロ仕様の機能とさまざまなテクニカル指標を搭載しており、より細かいチャート分析を可能にしています。

外為ジャパン(詳細はこちら)

外為ジャパンのFX PLUSはシンプルながらも使いやすい取引ツールです。
機能の拡張も豊富で初心者からプロまで誰でも使えるスタイルになっています。

JFX(詳細はこちら)

JFXのMATRIXチャートは従来のJFXチャートからさらに進化した取引ツールです。
既存のテクニカルはもちろんスーパーボリンジャーとスパンモデルを搭載し、さらに充実した相場の分析を可能にしています!

 

スーパーボリンジャーを活かすための最も効率的な方法とは?

テクニカル指標も、ただ理解しただけでは実際の運用においてその効果を発揮するまでには至らないことがほとんどだと思います。
特にテクニカル指標をしっかりと自分の投資運用で活用するには、膨大な分析や多大な練習が不可欠です。

正直分析にそこまでの時間を費やすくらいなら、もっと簡単に効率よく使っていきたいですよね?
テクニカル指標をただ知識として蓄えるだけではもったいない!

そこで、より効率よくスーパーボリンジャーを活用するためにも、スーパーボリンジャーの本家「マーフィー柾木利彦氏のFX投資術」をぜひとも参考にしてください!
スーパーボリンジャーとスパンモデルの組み合わせを考案したマーフィー柾木利彦氏だからこその初心者でも分かりやすい解説は、効率よくテクニカル指標を活用するためのいわばバイブルと言えるでしょう。

スーパーボリンジャーを活用するなら購読必須の内容です!

購読限定特典として、スーパーボリンジャーを活用するためのうれしい特典も用意されています。

スーパーボリンジャーの本家マーフィー柾木利彦解説のweb動画「基本マスター編」「リアルタイム実践コーチング編」

マーフィをはじめとしたスーパーボリンジャー愛好家へリアルタイムに質問ができる掲示板

トレードのタイミングがわかる!スパンモデルのシグナル配信&シグナル配信徹底活用マニュアル

 

さらに!
今なら月2,980円にて購読できるキャンペーンが実施中です!
この機会にやらない理由はないかも!?

マーフィーの最強スパンモデルFXプレミアム

 

まとめ

いかがでしたか?
今回はスーパーボリンジャーとスパンモデルについてお話ししました。

テクニカル分析は1つだけではなく、複数を組み合わせて分析すると、より精度の高い為替の予想ができます。
スーパーボリンジャーとスパンモデルを使って、ぜひトレンドを見極めてくださいね!

合わせて読みたい
ダカールさん仲値インタビュー

Dakarさんに聞きました!FXで仲値がこんなにも大切だったとは!

レートが上がるか下がるか!バイナリーオプションで利益をつかめ

レートが上がるか下がるか!バイナリーオプションで利益をつかめ!

南アフリカランドで取引しよう

スワップポイントをガッツリ狙え!南アフリカランドで取引しよう!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x