スワップポイントってどんな仕組み?コツコツ利益を積み上げよう!

2018年9月17日

アイキャッチ

「FXで取引する」というと、通貨を売買して利益を出す「為替差益」を思い浮かべる方が多いかもしれませんね。

「通貨を売買する以外に利益を得る方法はあるの?」

「FXって短期取引のイメージで、長期取引には向いていなさそう」

 

そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

じつはFX取引で利益を得る方法は「為替差益」以外にもあるんです。

 

それは「スワップポイントで利益を積み重ねる」という手法です。

スワップポイントという単語自体は、FXや投資に興味がある人なら見聞きしたことがあるかもしれませんね。

こんにちは、FXを勉強中の大輔です! 僕はトレードばかりで取引していて、スワップポイントを意識していませんでした。

あら、もったいないわね。 トレーダーのなかにはスワップポイントだけを狙って取引する人もいるのよ。

そうなんですね! 僕もスワップポイントを狙って取引してみます。

 

今回はスワップポイントの基本的な仕組みや、スワップポイントを狙ってFX取引を行うときの注意点などを解説していきます。

 

スワップポイントの基本的な仕組み

スワップポイントとは、銀行預金でもらえる利子のようなイメージです。

ポジションを持ったとき、「金利が高いほうの通貨を買う」または「金利が低いほうの通貨を売る」ことでスワップポイントを得ることができます。

 

スワップポイントの金額は金利で決まるので、高金利な通貨ほど多くの利子をもらうことができます。

「低金利な通貨を高金利な通貨に交換」して利子をもらう仕組みです。

米ドル/円の通貨ペアで例を見てみましょう。

米ドルの金利は2.0%に対し、日本の金利は0.1%です。

2つの通貨の金利の差は1.9%になり、これの差がスワップポイントになります。

 

ただし、FX会社によってスワップポイントは異なり、また毎日変動しています。

スワップポイントで取引をする場合は自分が使っているFX会社のスワップポイントをこまめにチェックしましょう。

 

スワップポイントの取引に向いている人は?

スワップポイントを狙った取引がおすすめな人は、

・長期投資を考えている人

・資金に余裕がある人

・FX取引に時間を割けない人

です。

 

【長期投資を考えている人】

スワップポイントは毎日付与されるので、ポジションを長く持っているほど利益を積み重ねることができます。

長期でのんびり資産を運用していきたい方にはスワップポイント狙いの取引がおすすめです。

 

資金に余裕がある人】

スワップポイントは保持している通貨に比例しますので、資金に余裕があり通貨単位を大きく持つほど利益が上がっていきます。

 

【FX取引に時間を割けない人

銀行にお金を預けると金利がつくように、ポジションを持っているとスワップポイントがもらえます。

ただし、1日のスワップポイントの金額は小さいため、長期保有で利益を積み重ねる必要があります。

こまめに売り買いせず、長く保持するため、チャートをずっと見ている時間がない人におすすめです。

 

相場変動のリスクがある

高金利な通貨には注意点もあります。

それは低金利な通貨に比べて「高金利な通貨は相場が変動しやすい」ということです。

通貨の金利が高くなる理由はいくつかありますが、その1つとして「信用性が低い」ことがあげられます。

 

たとえば個人がお金を借りるときも、信用性が高い人は銀行などからお金をたくさん借りることが可能です。

信用性が低い国の通貨は、金利を上げるなどのメリットをつけなければ、買い手が少なくなってしまいます。

信用性が低いということは、相場が下落するリスクが高いといえます。

 

通貨ペアによっては逆に支払う可能性もある

スワップポイントが発生する条件は「低金利な通貨で高金利な通貨を買った場合」です。

そのため「自分が売る通貨より低金利な通貨を買う」場合には、逆にスワップポイントを払うことになります。

 

日本人の場合、ほとんどの取引では日本円を売って外貨を買うことが多いようですね。

日本よりも金利が高い国が多いため、日本円で他の通貨を買うと、ほとんどのケースでスワップポイントが発生します。

 

しかし、日本円より低金利な通貨もあります。

代表的な通貨がユーロです。

 

ユーロの金利は2018年7月時点で0%なので、日本円の金利がわずかに上回っています。

もしユーロを日本円で買ったら、スワップポイントを支払うことになるということです。

 

他にも低金利な通貨としては、スイスフランがあげられます。

2018年7月時点のスイスフランの金利はマイナス1.25%と、マイナス金利になっています。

今後この相場が変動して日本円と逆転しない限り、これらの通貨を買うとスワップポイントを支払う必要があるということです。

 

また、一般に「日本円より高金利」とされる通貨でも、金利政策が急に変更されれば、日本円より低金利になる可能性もあります

スワップポイントの計算は毎日行われるものなので、昨日までスワップポイントをもらえていた通貨でも、状況によっては「今日からスワップポイントを支払うことになる」という可能性もあります。

取引する際はその都度チェックしましょう。

 

FX会社によってスワップポイントは異なる

同じ通貨ペアでも、スワップポイントはFX会社によって異なります。

FX会社によって異なる理由は、「どこの金融機関から調達するか」で金利が変わるからです。

 

先ほどもお話ししたように日本の政策金利は、2018年7月時点で0.1%です。

しかし、日本のすべての銀行の円預金がこの金利ということではありません。

2018年7月2日時点でネット銀行の1年定期預金の金利を見てみましょう。

 

・SBJ銀行0.25%

・じぶん銀行0.2%

・住信SBIネット銀行0.2%

・オリックス銀行0.15%

 

このように、日本の銀行の金利は0.1%だけとは限りません。

海外のFX会社が日本円を調達する時も、調達先がSBJ銀行かオリックス銀行かで、0.1%の金利差が生じます。

このため、スワップポイントはFX会社によって異なるのです。

 

ポジションを保有している日数分だけ受け取れる

銀行預金の利子は、預けている日数の分だけ受け取れますよね。

同じようにスワップポイントも「ポジションを保有している日数分」だけ受け取ることができます。

 

保有日数が長いほど利益が伸びるということは、年単位の長期投資をする方が利益を上げられます。

しかし、長く保有すれば為替変動のリスクも大きくなります

 

コツコツとスワップポイントで利益を重ねても、通貨の価値自体が暴落したら、スワップポイントの利益以上に損失が膨らむ可能性があります。

「それなら為替変動リスクが少ない通貨にすればいいのでは?」と思うかもしれません。

 

しかし、変動が少ない通貨は低金利なことが多く、スワップポイントを稼ぎにくいのです。

たとえば日本円の政策金利はほぼ0%で、世界でも屈指の低金利となっています。

この理由はいくつかありますが、主な理由の1として「日本円が信頼されている」ことがあげられます。

 

為替の世界では「有事の円買い」という言葉があります。

「世界規模の災害や紛争などが起きたらとりあえず円を買う」という世界の投資家たちの行動パターンのことです。

 

このパターンは強力で、東日本大震災や阪神大震災で日本が大きなダメージを受けた時でも、円相場は下がるどころか上がっています。

「有事」が日本にとっての被害でも、有事の円買いが起こるのです。

 

この日本円の例のように「変動リスクが低い通貨はスワップポイントで稼ぎにくい」という性質があります。

スワップポイント狙いの長期投資で稼ごうと思うなら、ある程度の為替変動リスクを考える必要があるのです。

日本円が信頼されているのは嬉しいですね!
僕もリサさんに信頼されるようにどんどん成長していきます!

あら、張り切っているわね。
張り切りすぎて失敗しないようにね。

 

外貨預金と比べて有利に働きやすい

FXのスワップポイントと外貨預金にはどのような違いがあるのでしょうか。

「外貨預金のほうがリスクが少なくて安全なのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、外貨預金より、FX口座で外貨を保有しておくほうが有利なことが多いのです。

 

その理由は、両者の手数料の違いにあります。

FXの手数料よりも銀行の手数料のほうが高いのです。

 

通貨間の金利差は変わらなくても、「手数料」は、FXよりも外貨預金のほうが高いことが多いです。

外貨預金の手数料は片道1円~4円ほどかかりますが、FXの場合は大手のFX会社のスプレッドは米ドル/円の通貨ペアで0.3~0.5銭くらいが目安になります。

 

外貨預金についてもっと知りたい方はこちらをご参考ください。

外貨預金とFXは一緒じゃない!?迷ったらFXを選んだほうがお得

 

FXでは、売買手数料に関して無料となっている会社がほとんどです。

その分、スプレッドやスワップポイントの中に自社の利益を上乗せするのですが、それでも銀行の手数料よりは安くなります。

 

FXのほうが総合的に手数料が安くなる理由は「コストが少ない」ことにあります。

銀行は各地に支店を構えATMを置き、多数の人員を配置しなければいけません。

 

一方、FX会社はほとんどの業務がオフィスのみで完結するのです。

そのため外貨預金よりもFXのほうが手数料が安くなります。

 

各国はなぜ政策金利をしてるの?

スワップポイントでFXの利益を得られるのは、各国の政策金利に差があるためです。

政策金利の動きは、その国の景気と関係があります。

景気が良ければ金利が上がり、不景気だと金利が下がる傾向があります。

景気が良い時に金利を上げるのは「景気の過熱を防ぐ」ためです。

もし景気が良いときに金利が低いままだと、企業はどんどん銀行からお金を借り、設備投資や会社拡大の費用に使います。

すると企業はたくさんのビジネスを展開していきますが、行き過ぎると需要よりも供給が上回り、商品が大量に売れ残ったりするなど、大きな損失を生み出す可能性があるのです。

 

このため、銀行は企業があまりお金を借りすぎないように金利を高くします。

こうしてお金の流れを調整することで、急激なお金の流れを食い止めることができます。

 

もちろん、政府のこうした金融政策は狙い通りに行くとは限りません。

しかし、景気の過熱時に政府がこのような動きを取ることが多くなります。

 

逆に景気が後退している時には、政策金利を引き下げることが多いのです。

これには先ほどとは逆で「企業に不動産や新しい設備をどんどん購入してほしい」という狙いがあります。

銀行から低金利でお金を借りられるようになれば、企業の設備投資や不動産購入も活発になるだろうという狙いです。

 

高レバレッジで取引をしてはいけない

FXではレバレッジの仕組みを利用して、持っているお金の数倍~数十倍の金額で取引できます。

そのため、保有していた通貨の価値が急落した時のダメージも大きくなります。

たとえば、100万円の資金でFXの取引をしたとしましょう。

10倍のレバレッジをかければ「1,000万円分の取引」ができます。

 

米ドルが110円のときに、8万通貨を買った場合、

・110円×8万=880万円です。

 

米ドルが数日の間で90円に急落した場合、

・110円-90円=20円となり、

 

20円×8万通貨=160万円の損失になってしまいます。

自己資金は100万円なので、「60万円のマイナス」です。

 

そして、足りない分を追加するようにFX会社から催促が入ります。

これが追証(追加証拠金)というものです。

この追証を払えないと、FX会社から強制解約を受けて取引ができなくなってしまいます。

 

レバレッジをかけすぎたせいで損失が膨らみ、資金がマイナスになっては大変ですよね。

FXのような投資によって背負った借金では、自己破産をしても「免責」が認められないことがあります。

 

免責とは、責任を許されることです。

自己破産を宣言しても、いわゆる「借金帳消し」にはならない可能性が高いのです。

自己資金を上回るレバレッジ取引はしないようにしましょう。

 

短期売買であれば木曜日に決済をする

スワップポイントは基本的には長期での取引ですが、短期スワップポイントを狙う場合は木曜日に決済をすると有利になります。

木曜日に土日の分と合わせて3日分のスワップポイントが付きます。

 

このような理由から、とくに短期投資のスタンスでFXに取り組んでいる場合は、木曜日に決済をすることがおすすめです。

 

ロスカットについて把握しておく

FX取引では、相場が急変するとロスカットされてしまう可能性があります。

ロスカットとは、損失が一定のレベルに達した時に、さらなる損失の拡大を防ぐために自動的に決済を行うものです。

 

ロスカットは「FX会社が強制的に行うもの」と、「自分で事前に設定するもの」の2種類があります。

FX会社が強制的に行うものは強制ロスカットと呼ばれています。

 

自分で事前に設定する場合は、取引ツールから設定できます。

仕事などで取引画面を見られない時でも相場の急落に対応できるよう、ポジションを持つときに合わせてロスカットの設定をしておくのがおすすめです。

 

自主的なロスカットを早い段階で設定すると損失が小さくなりますが、代わりにチャンスを逃す可能性もあります。

「急落した後で反転して高騰する」というチャンスが、自動的に消滅してしまうわけです。

このように、早い段階のロスカットにもメリットとデメリットがあります。

 

確定申告が必要

FXの利益は確定申告をする必要がありますが、これはスワップポイントに関しても同じです。

決済をしてスワップポイントの収益金額を確定したら、その部分に対して確定申告をします。

 

スワップポイントの金額だけで独立させて確定申告をするわけではなく、FX取引全体の損益と合わせて申告をします。

ほとんどのFX会社では決済をしたものにだけ税金がかかりますが、FX会社によっては未決済でも含み益に対して課税対象となる場合があります。

自分が使っている口座がどちらなのか、調べておく必要があります。

 

FXの確定申告は、利益だけではなく損失が出たときも申告しましょう。

損失繰越控除というものが適用でき、損失を3年間繰越で各年の利益からその分税金を控除できます。

自分の投資ルールを崩さない姿勢が大切

FX取引ではさまざまスタイルを試すことも大事ですが、ある程度自分の投資ルールを確立することも大事です。

慣れている作業なら無意識にできますが、新しい作業は簡単なことをこなすだけでも大変ですよね。

 

投資のスタンスについても選んだ手法を試して、自分が納得できるスタイルが見つかったら、それを極めていきましょう。

相場の変動に一喜一憂してストレスを溜めないためにも、自分の投資ルールとスタンスをしっかり確立するようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はスワップポイントの仕組みについてお話しました。

 

スワップポイントはポジションを保有しているだけで金利が受け取れるシステムですが、相場の急な変動が起きた場合にはロスカットされる場合もありますので注意が必要です。

長期投資を考えている人、資金に余裕がある人、FX取引に時間を割けない人はスワップポイントを狙った取引がおすすめです。

 

スワップポイントでの取引の参考にしてくださいね。

 

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

SBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。