FX初心者なら知っておくべき!テクニカル分析の基本

FX初心者なら知っておくべき!テクニカル分析の基本

 

「テクニカル分析ってたくさん種類があって把握できない」

「全部知って活用したい!」

という方もいらっしゃると思います。

こんにちは、FXの勉強をしている大輔です。
テクニカル分析の種類がたくさんあって混乱してしまいます。

まずは代表的な指標から知りましょう。

代表的なものを知っておけば、十分に役立ちますよ!

僕と一緒に身につけましょう!

 

テクニカル分析の定義

テクニカル分析とは、過去の価格動向をもとに今後の相場の動きを予想し、売買のタイミングを計るために行われるものです。

チャートは誰でもいつでも手軽に見ることができるため、利益を出すか損失を出すかは正確なテクニカル分析ができるかどうかにかかっているともいえるでしょう。


テクニカル分析は、大まかに次のように分類されます。

  • チャート分析
  • フォーメーション分析
  • トレンド系指標を用いた分析
  • オシレーター系指標を用いた分析


どの手法を用いる場合でも、その手法の特徴を知ったうえで分析を行う必要があります。

特に、指標を用いる分析では、どの種類の指標を用いるか、どう設定するかといったことを相場ごとに適切に判断しなければなりません。

 

トレンド系指標とオシレーター系指標について正しく理解し、相場の流れと売買のタイミングを予測できるようにしましょう。

 

トレンド系指標について押さえる

トレンド系指標は、相場の動向を予測するためには欠かすことができないものです。

代表的なトレンド系指標に、移動平均線や一目均衡表、ボリンジャーバンドがあります。

 

これらのトレンド系指標の特徴や計算方法を理解しておくことで、どのように価格が推移してきたのかを理解することができます。

また、初心者にとって難しい「最適なタイミングでのエントリー」ができるようになるでしょう。

 

テクニカル分析の基本「移動平均線」

移動平均線模式図

トレンド系指標の代表ともいえるものが、移動平均線です。

当日を含めた過去一定期間の価格について平均値をとったもので、細かい相場変動をなだらかにして見ることができ、トレンドがわかりやすくなります。

 

他の多くのトレンド系指標を導き出すうえでも使われる考え方であるため、しっかり理解しておくことが大切です。

 

移動平均線をチャートに表示させるためには、どれくらいの期間の平均値とするかを決定する必要があります。

この計算期間は、特に明確に定められているわけではありませんが、まずは多くの投資家が利用している期間で表示させるのがよいでしょう。

 

目安としては、5、21、25、75、89、200といった変数がよく使われます。

期間が短すぎると直近の値に反応し過ぎてラインが滑らかにならない一方、長すぎると反応の速度が遅くなってしまい、有効に利用することができません。

 

まずは多くの投資家が利用する期間で表示させ、分析に慣れてきたらより使いやすいような期間を試してみましょう。

 

移動平均線の詳細についてはこちらのリンクが便利です。

他の投資家たちの動きを予測!移動平均線を用いた分析手法とは?

 

 

雲に注目する「一目均衡表」

一目均衡表

価格動向の推移に着目している移動平均線に対し、時間の変化に重点が置かれた「一目均衡表という指標もあります。

日本で開発されたものですが、海外でも「ICHIMOKU」、「CLOUD」とよばれ、世界中の多くの投資家が利用する指標です。

 

一目均衡表の大きな特徴が、「雲」に着目していることであるといえます。

「雲」とは、先行スパン1と先行スパン2に囲まれた、雲のような帯状の部分です。

先行スパン1は転換線と基準線の、先行スパン2は高値と安値の平均値をとったものなので、値動きの変動差を慣らしたものであるといえます。

 

この「雲」は、支持帯(サポート)や抵抗帯(レジスタンス)として機能することも珍しくありません。

つまり、ローソク足が雲の上限もしくは下限に近付くと跳ね返される可能性が高くなります。

レジスタンスラインって何でしたっけ?
抵抗帯?

上値抵抗線、抵抗帯と呼ばれる「高値を結んだ線」のこと。
跳ね返されたりするわ。

レジスタンスラインについてはこちらのリンクをご覧ください。

価格抵抗線とも呼ばれる『レジスタンスライン』を自分の武器にしよう!

さらに、雲の上限を完全に上に抜けた場合には、上昇トレンドへ転換したとして買いのサインととらえることが可能です。

一方、雲の下限を完全に下に抜けた場合には、下降トレンドへ転換したとして売りのサインととらえることができます。

雲に厚みがあればあるほど強い支持帯や抵抗帯として機能することも頭に入れておきましょう。


一目均衡表では、基準線と転換線に着目してトレンドを判断するという分析方法も多く用いられます。

上昇トレンドにおいてチャートをみると、上からローソク足、転換線、基準線という順に位置していることがわかるでしょう。

 

よって、転換線が基準線を下から上に抜けたときには上昇トレンドへの転換のサインととらえることができます。

転換線は、基準線の3分の1の期間、つまりより直近の値動きを表しているともいえるからです。

 

何かと使い勝手がいい「ボリンジャーバンド」

ボリンジャーバンド3

初心者にとって使いやすいトレンド系指標の一つに、ボリンジャーバンドがあります。

アメリカのジョン・ボリンジャーという投資家が開発したもので、統計学の考え方の一つである確率論を利用した指標です。

 

レンジ相場において逆張りを仕掛けるために利用できるほか、エントリーや決済の売買タイミングを計る際にも役に立ちます。
ボリンジャーバンドをチャート上に表示させると、移動平均線と、その上下に標準偏差から求めた乖離率を表すラインが引かれることがわかるでしょう。

 

このラインはバンドとよばれますが、このバンドの内側で相場が動いているときは正常な状態です。

標準偏差は自由に設定することができ、その値によって2本のバンドの内部にローソク足が収まる確率が異なります。

 

標準偏差が±1σの場合、バンドの範囲内に収まる確率は約68%です。

同様に±2σの場合はバンドの範囲内に収まる確率は約95%、±3σの場合には約99%となっています。


移動平均線の上に位置するラインはレジスタンスライン、下に位置するラインはサポートラインとして機能します。

よって、ローソク足が上下どちらかのバンドを抜けた場合には正常な状態が崩れたと解釈することができ、バンドに跳ね返されると予測することが可能です。

ボリンジャーバンドを利用すると、逆張りでエントリーや決済をする際に一目でタイミングがわかるようになります。


基本的に逆張りにおいて使われることが多いボリンジャーバンドですが、順張りでのポジションの構築で利用する投資家も少なくありません。

 

ローソク足が上下どちらかのバンドを大きく抜けた場合には、それだけの異常な事態が起きた、または相場を大きく動かす力が働いたとみることができます。

 

ボリンジャーバンドを順張りにいかしてみませんか?

初心者でも扱いやすい指標!ボリンジャーバンドを順張りに活用しよう!

 

オシレーター系指標のポイント

オシレーター系指標とは、左右に振れる振り子を表す言葉で、売られ過ぎと買われ過ぎを判断し、振り子のようにその振幅から相場を測る指標をオシレーター系指標といいます。

多くの投資家が着目するオシレーター系指標には、RSI、MACD、ストキャスティクスがあります。

 

これらのオシレーター系指標もエントリーでのタイミングを見極めるうえで大変有効なものですが、使い方を理解するとともに、デメリットについても知っておくことが大切です。

 

エントリーを意味づける「RSI」

RSI

RSIは、オシレーター系指標でもっとも人気のある指標の一つです。

相場の天井や底からトレンドが転換する時期を予測する、逆張りに用いられます。

一定期間で変動した幅に対して、上昇幅もしくは下落幅がどれくらいの割合を占めているかを表していることがRSIの特徴です。

 

一般的には9日、14日間という期間で計算されます。

RSIが70%を超えると買われ過ぎの状態を表し、売りのサインととらえます。

一方、30%を下回ると売られ過ぎの状態を表し、買いのサインとなります。

売買のタイミングがわかりやすいRSIですが、だましも多いことがデメリットです。サインが出たからといってすぐに逆張りを仕掛けず、慎重に判断することが求められます。

 

RSIについてはこちらで詳細を解説しています。

FXのテクニカル指標を紹介!オシレーター系の代表格RSIとは?

 

トレンド、オシレーターどちらでも使える「MACD」

MACD2

MACDは、価格のトレンドと売買のタイミングを同時に見ることができる指標で、視覚的にわかりやすく、精度が高いため、多くの投資家が参考にしています。

オシレーター系指標であるにもかかわらず、トレンド系指標の一つである指数平滑移動平均を用いて計算されることが大きな特徴です。


MACDとシグナルという2つのラインで構成され、それぞれの方向や動きをみて分析を行います。

 

MACDがシグナルを下から上に抜き、さらに2つのラインが0水準を上に抜けてプラスに転じた場合は強い買いサインとみることが可能です。

一方、MACDがシグナルを上から下に抜け、さらに2つのラインが0水準を下に抜けてマイナスに転じた場合は強い売りサインと解釈されます。

また、MACDは先行指標としてトレンドができる前にサインを出すこともあります。

 

ローソク足が上昇トレンドを表しているにもかかわらず、MACDとシグナルの両方が下落した場合、それがトレンド転換のサインであることも少なくありません。

このような現象を逆行現象といいますが、これを見逃さずにエントリーすることができれば、より多くの利益を得ることができるようになります。

 

「ストキャスティクス」でトレンドをつかむ

ストキャスティクスとは、過去の相場における高値と安値に対して、当日の終値がどのような水準にあるかを視覚的にわかりやすく数値化した指標です。

%K、%Dという2つのラインで構成されます。

 

%D が80%以上になった場合、買われすぎと判断して売りシグナルととらえます。

%D が20%以下になった場合、売られすぎと判断して買いシグナルととらえます。

 

ストキャスティクスは、%Kと%Dを同時にみることで順張りでも利用することができます。

 

%Dは%Kよりも遅れて動くという性質を利用し、%Kが%Dを下から上に抜けた場合には買いサイン、%Kが%Dを上から下に抜けた場合には売りサインと解釈されます。

オシレーター系指標で売買タイミングを計る際に、トレンドも考慮して分析をしたい場合には、このストキャスティクスが有効です。

 

まとめ

いかがでしたか?

これらの指標は、多くの投資家が利用しているものであり、しっかり理解すれば正確なテクニカル分析の強い武器になるでしょう。

しかし、どの指標にもいえることですが、それぞれメリットやデメリット、有効に機能する相場に大きな違いがあります。

一つの指標だけに頼ってしまうのではなく、状況に合わせて複数の指標を使い、多角的にチャートを分析することが大切です。

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

SBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。