投資家を全力でサポート!FXを有利に進めるツールをご紹介!

FX会社を選ぶ基準にはいくつかありますが、その中でも見逃せないのが「無料ツール」です。

 

「FXのツールって本当に便利なの?」

「どのツールを使えばいいの?」

 

と思っている方もいらっしゃるかと思います。

 

こんにちは、FXを勉強中の大輔です。
FXのツールっていろんな種類がありますよね。

たしかに種類が多くて選ぶのが大変そうね。
でも自分にあったツールを使えば効率的に取引できるのよ。

 

効率的にトレードを行って勝率を上げたいのであれば、各FX会社が提供しているツールを活用しない手はありません。

 

無料でありながらも様々な機能が搭載されており、投資家のトレードを全力でサポートしてくれます!

特に初心者は、トレードをしているときに「買いや売りのタイミングが分からない」「決済のタイミングを失ってしまった」などの壁にぶつかることがよくあります。

そんなときも、ツールがあれば活路を見出すことができます

とはいえ、ツールの種類は多岐にわたるためどれがいいのか迷ってしまうかもしれません。

ここでは、多くの投資家が利用しているツールの特徴をそれぞれ解説していきます!

 

目次

FX会社はさまざまな取引ツールを提供している

日本、そして世界には数多くのFX会社があり、それぞれの会社が顧客サービスの一環として「ツール」を提供しています。

そして、ツールの特徴は実にさまざまとなっています。

 

それぞれにメリットやデメリットがあるため、ツールについてよく理解した上でFX会社を選ぶということはトレードを順調に進めるために、とても重要なポイントだといえます。
 

もちろん、誰にとっても最善のツールというものはありません。

それぞれの投資家でFXの経験値も違えば、トレードのスタイルも異なります。

大切なのは、どのようなツールが自分に合っているのかを知るということです。
 

例えば、パソコンは日常的に使っておらず、スマートフォンがメインという人は少なくありません。

 

そのような人にとっては、パソコンでしかサービスを提供していないFX会社は非常に使いにくいといえます。

無理なくFXに取り組みたいのであれば、スマートフォンでも使えるツールが必要だということです。

 

 

自分にマッチしたツールを利用できれば、快適にトレードが行えます。

また、利用するツールによってトレードの勝率にも大きな影響が出ることは間違いありません。

 

FX会社選びではスプレッドや約定力の比較が欠かせませんが、ツールも大切な要素の1つであることを頭に入れておきましょう。

 

システムが自動で分析してくれる「らくらくテクニカルFX」

インヴァスト証券が提供する「らくらくテクニカルFX」は、現時点における売買判定や今後の値動きの予想を自動的に行ってくれるツールです。

このツールを用いれば、テクニカル分析に関する知識がなくても高度なテクニカル分析ができます。

 

表示可能な足は、5分足から月足までの9種類。利用できるテクニカル指標は、移動平均線やボリンジャーバンドなどをはじめとした12種類です。
 

らくらくテクニカルFXの主な機能としては、「売買サインパネル」「トレンド予測チャート」の2つがあります。

 

1、売買サインパネル

売買サインパネルは、いくつかのテクニカル指標を利用して各通貨ペアの売買に関する傾向を分析・表示します。

主要なテクニカル指標を利用して算出されているため、一般的かつ客観的な分析結果になるといえます。

 

売買サインの合計順にランキングを表示することもできるので、FX初心者にも分かりやすい仕様だといえるでしょう。

 

2、トレンド予測チャート

トレンド予測チャートは将来の値動きを予測する機能で、今後の方向性の判断に役立ちます。

過去2,000本分のデータの中から現在の相場と最も類似している相場を選んで分析することによって結果を出しているため、信頼性も高いといえるでしょう。

 

さらに、このチャートにはテクニカル指標や売買サインなども表示できるため、様々な観点からの分析が可能となっています。

 

さらに、このチャートにはテクニカル指標や売買サインなども表示できるため、様々な観点からの分析が可能となっています。

 

インヴァスト証券の口座開設はこちらから↓

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

 

一目で相場の流れがわかる「ぱっと見テクニカル」

FXプライムが提供する「ぱっと見テクニカル」は、名前の通りテクニカル分析が一目で分かるツールです。

最大約12年分のチャートの中から現在のチャートと似ているものを探し出し、これを基にして未来の値動きを予測してくれます。

 

参考にした過去のチャートと現在のチャートの一致率を「95%」「98%」などと数字で示してくれるのも、ぱっと見テクニカルの利点の1つ。

分析結果にどの程度の信頼性があるか、FX初心者にとっても一目瞭然です。
 

ぱっと見テクニカルの利用方法はとてもシンプルです。

まず、FXプライムの「選べる通貨」にログインします。

そして、ログイン後に画面左にある「ぱっと見テクニカル」をクリックすると、ぱっと見テクニカルが表示されます。
 

ぱっと見テクニカルはFX初心者が簡単に使えるだけだけではなく、プロの投資家にも愛用されています。

それだけ使い勝手の良いツールだといえるでしょう。

 

なお、ぱっと見テクニカルを使ってトレードをするときには、一致率が90%以上のときのみ予想に従うことをおすすめします。

 

注文画面を同時に表示できる「連続注文機能」

外為どっとコムでは、2015年2月16日に「連続注文機能」を新しく追加しました。

 

 

連続注文機能では、新規指値・ストップ注文を行ったときに、指定した一定pips間隔のレートで次回の注文画面を表示させます。

この機能を使うことで、初めからすべてを設定し直すことなくスムーズに次の注文を行えます

 

外為どっとコムの取引画面では、連続注文を設定する箇所があります。

この機能を利用したい場合は、まずは「連続注文」のところにチェックを入れましょう。

 

次に、指定レートより高い値で注文するか低い値で注文するかを設定します。

高い値であれば「上」、低い値であれば「下」にチェックを入れます。

 

そして、最後にどのくらいのpips間隔で連続注文するかを決めます。

30pips、50pipsなど、自分の戦略に応じた値を入力してください。

 

最後に、普段通り「注文」をクリックして注文を完了します。

なお、連続注文機能では自動的に次回の注文画面が表示されるものの、注文自体は手動となります。

 

自動的に連続注文が行われるわけではないので、初めて利用するときにも安心だといえるでしょう。

また、連続注文機能はIFD・IFO・OCO注文でも利用することができます。

これらの注文を出すときにも、必要に応じて利用してみてはいかがでしょうか?

 

カスタマイズ性が高い「MT4」

OANDA japanが提供する「MT4」は、自動売買をバックアップしてくれる機能です。

初期搭載されているエキスパートアドバイザー(EA)が利用できるのはもちろんのこと、自分自身で作成したエキスパートアドバイザーを取り込むことも可能です。

自分の戦略に応じた、思い通りの自動売買を可能にしてくれます。
 

そして、MT4の大きな特徴の1つが「標準で50種類以上のテクニカル分析が搭載されている」ということです。

一目均衡表やボリンジャーバンドをはじめとしたおなじみのテクニカル指標は、ほぼすべてカバーされています。

 

また、MT4ではチャート上から注文することも可能です。

成行や各種指値注文がよりスムーズになるといえるでしょう。
 

MT4は、FX初心者だけではなくFX上級者も有効活用できるツールです。

さらに大口の投資家にも対応でき、約定拒否もありません。

幅広い投資家にとって有用なツールだといえるのではないでしょうか。

 

OANDA JAPANの口座開設はこちらから↓

OANDA JAPAN 口座開設
OANDA JAPAN 口座開設

OANDA JAPAN 口座開設?|?fx-on.com

テクニカル分析が行いやすい「チャート多重表示機能」

SBIFXトレードが提供する「チャート多重表示機能」は、画面を4分割してチャートを表示するツールです。

 

4つの画面を同時に開くことで複数の時間足のチャートを並行して見られるのは、トレードを行う上で大きなメリットになります。

 

長めの時間足のチャートで全体的な動きを確認して短めの時間足のチャートを見てトレードを行うという、FX上級者の手法を実現可能にしてくれるツールだといえるでしょう。
 

チャート多重表示機能はスマートフォンでも利用可能で、これは他のFX会社との大きな違いだといえます。

 

ただし、一台のモニターで複数のチャートを開くと一つひとつのチャートが小さくなりすぎて見にくくなってしまいます。

そのため、実際には複数のパソコンやマルチモニタを利用している投資家が多いようです。
 

なお、チャート多重表示機能ではチャートのレイアウトを投資家の好みで自由に設定できます。

そして、一度設定したレイアウトは「画面レイアウト」をクリックするだけで簡単に呼び出せるので、毎回設定に時間を割く必要がありません。

 

時間軸やテクニカル分析を調節して、自分にとって使いやすいレイアウトを設定してみてください。

 

僕もマルチモニタでFXやってみようかな~。

情報量の多さに混乱しないようにね!

SBIFX トレードの口座開設はこちらから↓

SBI FXトレード

操作性に優れている「Cymo(サイモ)」

YJFXが提供する「Cymo(サイモ)」は、FXトレードをスムーズに行うための機能が満載のツールです。

 

その大きな特徴の1つは、スピーディに操作ができるということ。

Cymo(サイモ)ならワンタッチ注文が可能であるため、操作に手間をかける必要がありません。

 

さらにサイズが小さいため、パソコン画面の隅に配置しておけば他の作業をしている最中でもレートを確認できます。

 

ニュースとレートを同時に確認できるので、大事なトレードのチャンスを逃しません。

スムーズで効率的なトレードを行うために、とても役立つ機能だといえるでしょう。

 

さらにCymo(サイモ)には拡張エリア機能があり、これを使えば複数のパネルを同時に見ることができます。

プライスボード、チャート、口座状況照会、ポジション、ニュースなどのパネルのうち2つを同時に表示できるので、使い勝手は抜群です。

 

コンパクトでありながらも多くの情報を一度に得られる、有用性の高いツールだといえるのではないでしょうか。

 

テクニカル分析が追加されたこともあり、Cymo(サイモ)は以前よりもさらにパワーアップしています。

そして、他のアプリケーションと組み合わせて利用すればさらに効果的。

 

ぜひ様々なアプリケーションとの組み合わせを試しながら、使いやすいスタイルを確立してみてください。

 

為替変動を自動予想してくれる「みらいチャート」

セントラル短資FXが提供する「みらいチャート」は、現在のチャートと似た過去のチャートと比較することで将来の値動きを予測します。

 

テクニカル分析の知識がなくても市場の動向を直感的にとらえられるので、FX初心者にとって使いやすいツールだといえるでしょう。

みらいチャートには、「みらいチャート」「売買シグナル」の2つの機能があります。

1、みらいチャート
みらいチャートには、近似チャートと予測チャート、そしてテクニカルランキングの3つがあります。

 

近似チャートは、現在のチャートと最も類似している過去のチャートを表示します。

予測チャートは、直近のチャートと類似したチャートと比較して将来の相場の動きを予測します。

 

そして、テクニカルランキングでは通貨ペアごとにテクニカル分析した結果をランキング形式で表示します。

テクニカル分析が苦手な人も、テクニカルランキングを参考にすれば買いや売りの判断がしやすいといえるでしょう。

2、売買シグナル
売買シグナルは、シグナルパネル、テクニカルチャート、売買シミュレーションの3つから成ります。

 

シグナルパネルでは、通貨ペアごとの売買傾向を分析した結果がチャート上に表示されます。

テクニカルチャートでは、シグナルパネルで選択した通貨ペアと足種、テクニカルが表示されます。

 

そして、発生したシグナルに従って実際に売買を行ったときの損益を予想するのが売買シミュレーションです。
 

みらいチャートの売買シグナルは、7つのテクニカル指標×15の通貨ペア×7つの足種で合計735通りになります。

 

そして、トレードで勝つために大切なことは「シグナルの方向性が明確なときを狙う」ということです。

各シグナルが一致していないときは売買を見送るか、他の指標を参考にするようにしてください。

 

セントラル短資FXの口座開設はこちらから↓

セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設
セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設
セントラル短資 FXダイレクトプラス 口座開設?|?fx-on.com

 

自動売買を行ってくれる「トラリピ」

マネースクウェア・ジャパンが提供する「トラリピ」では、3つの仕組みをまとめた独自の注文方法を提供しています。

トラリピという愛称で呼ばれていますが、正式名称は「トラップリピートイフダン」。

 

いくつもの罠を仕掛けるように等間隔で注文する「トラップ」、決済成立後に注文を繰り返す「リピート」、何円で買えたら何円で売るというセット注文を設定する「イフダン」を組み合わせたこの注文方法は特許を取得しており、まさに唯一無二のツールだといえるでしょう。

トラリピを利用するメリットの1つは、再発注の手間がいらない自動売買だということです。

リピート機能に任せておくだけで、家事や仕事で忙しい人もトレードで儲けを出すチャンスを得られます。

 

また、トラリピではリスク限定型の設定が可能です。

ストップロスの設定をしておけば、相場が予想と反する動きを見せたときでも損失を限定することができます。
 

そして、感情に振り回されにくいという点も見逃せません。

あらかじめ戦略を立てていたとしても、実際にトレードをしているとついつい欲が出てきてしまうもの。

そして、欲をコントロールできなかったがために損を重ねてしまうことは少なくありません。

 

しかし、トラリピで売買の設定をすれば自分の感情に振り回されにくくなります。

「つい予定と違う行動に出てしまう」という人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ついつい欲を掻きそうな大輔くんにはピッタリね!

お金が絡むと感情的になりやすいんですよね・・・。

トラリピについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。

自動取引ツール「トラリピ」をうまく利用して時間に余裕を作ろう!

 

マネースクエアの口座開設はこちらから↓

マネースクエア 比較サイト様向け広告
マネースクエア 比較サイト様向け広告

 

 

直感的な操作が可能な「外為ジャパンFX PRO」

外為ジャパンが提供する「外為ジャパンFX PRO」はスピーディに操作ができ、かつ豊富な情報を得られます。

感覚的に操作しやすいため、FX初心者におすすめのツールです。

 

そして外為ジャパンFX PROの特徴としては、「1つの画面に情報が凝縮されていること」「注文パターンが豊富であること」、そして「FIFO注文が搭載されている」ことが挙げられます。

 

1、1つの画面に情報を凝縮

外為ジャパンFX PROでは、厳選したテクニカル指標がチャート上に表示されます。

必要な情報をまとめてキャッチできるため、時間的なロスがありません。

タイミングを逃さずに、トレードのチャンスをものにすることができます。
 

2、豊富な注文パターン

注文パターンが数多く用意されているため、トレードのスタイルに応じて選ぶことができます。

選べる注文方法には、ストリーミング注文や指値注文、逆指値注文などがあります。

どのようなスタイルの投資家にとっても役立つツールだといえるでしょう。

3、FIFO注文を搭載

FIFO注文とは、約定日時が古い順から決済していく注文方法のことです。

保有している建玉以上の数を反対売買すると、保有建玉が決済されることになります。

なお、FIFO注文はワンクリックでON/OFFの切り替えが可能です。

 

必要な情報を一画面に集約できる「FXトレーダー」

みんなのFXが提供する「FXトレーダー」は、豊富な機能を兼ね備えているアクティブユーザー向けのツールです。

本格的なチャート分析を求めている人におすすめです。
 

1、必要な情報を1画面に集約

レートやチャートをはじめとして、注文画面やニュース、口座照会などもすべて1つの画面に集約されています。

何度も画面を切り替える手間が省けるため、トレードに集中することができます。
 

2、画面を自由にカスタマイズ可能

自分のトレードスタイルに合わせて、自由に画面をカスタマイズできます。

注文スピードを重視するならトレードパネルを表示させてワンクリックで発注できるようにする、相場分析を重視するならチャートやニュースに重きを置くなど、自分なりにカスタマイズしてみてください。

 

3、本格的なチャート分析

FXトレーダーでは多数のテクニカル指標を備えており、描画機能も充実。

本格的なチャート分析は、プロの投資家にも引けを取らないといえるでしょう。

 

みんなのFXの口座開設はこちらから↓

みんなのFX 口座開設
みんなのFX 口座開設

 

みんなのFX 口座開設?|?fx-on.com

スピード感に優れている「LION FX」

ヒロセ通商が提供する「LION FX」は、投資家を全面的にバックアップしてくれるツールです。

 

その特徴としては、「環境に合わせたサービス」「モバイルアプリ対応」「業界トップレベルのスペック」の3つがあります。

 

1、環境に合わせたサービス

LION FXでは、環境に合わせてサービスを選択することができます。

 

そのラインナップは、シンプルな操作が魅力の「LION FX C2」、操作性やカスタマイズ性に優れた「LION FX(.NET版)」、ダウンロード不要の「LION FX(HTML5版)」、FX初心者や年配者にも分かりやすい「LION FX(Flash版)」、従来のチャートとは異なる機能を装備した「LIONチャート」、簡単に将来のチャートを予測できる「さきよみLIONチャート」の6種類。

幅広い投資家に対応したツールとなっています。

 

2、モバイルアプリ対応

モバイルアプリにも対応しているため、いつでもどこでもチャンスを逃さずにトレードできます。

もちろんモバイルアプリだからといって機能が劣るわけではなく、その充実度はPC版並み。スマホメインでトレードをするなら欠かせないツールです。

 

3、業界トップレベルのスペック

約定スピードは最速で0.001秒、約定率は99.9%。業界トップレベルの高スペックツールで、勝率アップを狙えます。

また、セキュリティも万全なので安心してトレードに注力できます。"

 

LION FXについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考ください。

初心者から上級者まで満足した取引ができる!ヒロセ通商をご紹介

 

ヒロセ通商の口座開設はこちらから↓

FX

 

シンプルな画面で扱いやすい「じぶん銀行FXアプリ」

じぶん銀行では、「じぶん銀行FXアプリ」「じぶん銀行FX PCアプリ」「ウェブブラウザ版取引ツール」の3つを設けています。

自分のライフスタイルやトレードスタイルに合わせて、利用しやすいツールを使いましょう!

 

1、じぶん銀行FXアプリ

じぶん銀行FXアプリはiPhoneとAndroidスマートフォンに最適化されたツールで、お客さま番号とログインパスワードさえあればすべての機能が利用できます。

 

画面はシンプルで操作しやすく、チャートを拡大して見ることもできるためスマートフォンの画面の小ささも気になりません。

 

また、FXニュースではトレードに欠かせないニュースを素早くチェックできます。

いつでもどこでも利用できるじぶん銀行FXアプリは、外出が多い人にとっては特に欠かせないツールだといえるでしょう。
 

2、じぶん銀行FX PCアプリ

じぶん銀行FX PCアプリはパソコン用のツールで、充実した機能が魅力です。

さらに操作性やカスタマイズ性にも優れているため、スピーディにトレードを行えます。

 

そして、じぶん銀行FXアプリと同様でツールを利用するために必要なものはお客さま番号とログインパスワードだけ。

面倒なパスワード管理は不要となっています。
 

3、ウェブブラウザ版取引ツール

ウェブブラウザ版取引ツールはパソコンでもスマートフォンでも利用できるツールです。インターネットバンキングにログイン後、「FXメニュー」をクリックするとツールを起動できます。

 

なお、ウェブブラウザ版取引ツールを利用するときには通信環境が整っているかどうかをきちんと確認するようにしてください。

 

取引ツールから直接注文ができる「オートチャーティスト」

サクソンバンク証券が提供する「オートチャーティスト」は、チャートパターンを分析してトレードの機会を示してくれるツールです。

 

手間のかかる作業を自動的に行ってくれるので、効率的にトレードが行えます。

そんなオートチャーティストの強みとしては、以下のようなものがあります。
 

1、通貨ペアの取扱数は国内ナンバーワン

オートチャーティストでは、150以上の通貨ペアを取り扱っています。この種類の多さは国内でもナンバーワンです。
 

2、幅広い取引シグナルの活用

幅広く取引シグナルを活用しているため、トレードのチャンスが広がります。

それと同時に、リスクの分散にも役立ちます。

 

3、ウォッチリスト上で取引シグナルを表示

取引ツールにオートチャーティスト機能が組み込まれているため、ウォッチリスト上で取引シグナルを表示させることができます。

これは、日本で唯一オートチャーティストのみの機能となっています。
 

4、どの端末からでもアクセス可能

パソコン、タブレット、スマートフォンなど、どの端末からもアクセスできます。

いつでもどこでもアクセスできるので、トレードのチャンスを逃しません。

 

AIがトレードを分析する「トレードカルテFX」

マネックス証券が提供する「トレードカルテFX」は、人工知能(AI)を利用してトレードのスキルアップを支援するツールです。

 

まず、過去の実績をもとにトレードの傾向を分析し、売買タイミングや取引の一貫性などをレーダーチャートに表します。

それを見れば、自分のトレードスタイルや得意・不得意が一目瞭然になります。

 

このように現在の自分の位置を明らかにすることで今後の課題が見つかり、スキルアップへとつなげることができます。

 

そのため、トレードカルテFXは「どのようにトレード手法を勉強すればいいか分からない」「自分の取引スタイルを固めたい」という人におすすめです。

AIがトレードスタイルに合わせてアドバイスしてくれるため、確実にトレードの腕を磨けます。

 

全自動でAIが分析をするだけに留まらないところが、トレードカルテFXの大きな魅力だといえるでしょう。

 

ただし、この機能はある程度の数のトレードをこなさないと利用できません。

まずは、利用条件を満たせるようにトレードをして経験を積んでいきましょう。

 

マネックス証券の口座開設はこちらから↓

マネックスFX×口座開設で選んでもらえるメルマガ1ヶ月・タイアップキャンペーン(井上哲男氏)
マネックスFX×口座開設で選んでもらえるメルマガ1ヶ月・タイアップキャンペーン(井上哲男氏)

 

厳選された売買システムから選べる「エコトレFX」

ひまわり証券が提供する「エコトレFX」は、厳選された売買システムの中から好きなものを選ぶだけで自動売買ができるツールです。

 

「自動売買は難しそう」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、操作はとてもシンプル。

「売買システムを選ぶ」「開始ボタンをクリックする」の2ステップのみで自動売買が開始されます。

 

トレードで難しいのはやはり売買のタイミングですが、自動売買ではあらかじめ定められているルールに従って自動的にトレードが行われます。

そのため、FXの経験がほとんどない初心者でも安心です。

 

なお、エコトレFXに搭載されている売買システムは利益を追求したものばかりで、運用成績もしっかりと開示されています。

最初に売買システムを選ぶときには、売買ルールや運用成績をまず確認するといいでしょう。

 

またエコトレFXはスマートフォンからもアクセス可能で、さらにトレードをしたタイミングで通知を受け取れるサービスも用意しています。

多くの面で、使い勝手の良いツールだといえるのではないでしょうか。

 

ひまわり証券の口座開設はこちらから↓

ひまわり証券

 

チャート機能と注文機能が同じツールで行えるものを選択する

FXツールは、使いやすいものを選ぶということがとても大切です。

使いにくいものを選んでしまうと、神経を使うトレードをするときに思いのほかストレスになってしまいます。

 

何をもって「使いやすい」とするかは人それぞれですが、一番重要なのは「チャート機能と注文機能が同じツールで使える」ということです。

チャート画面を注文画面に切り替えないと注文できないタイプのツールは、実際に利用してみると非常に使い勝手が悪いです。
 

その他にも、ツールの中には直感的に操作がしにくいものやチャートが見にくいもの、メニューが英語表記になっているものなどもあります。

ツールを選ぶときには、搭載機能だけではなくデメリットも必ず確認するようにしましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

ここでご紹介したように、無料のFXツールには多種多様なものがあります。

 

それぞれのFX会社がたくさんの工夫されたツールを提供しているため、魅力的に感じるものも多かったのではないでしょうか。

 

種類が多いので、始めのうちはどのツールがいいか迷ってしまいますが、まずはいろいろなツールを試してみましょう!

その上で、自分のトレードスタイルに合った使いやすいツールを選んでみてくださいね。