利益は大きく、損切りはスマートに!トレール注文を活用しよう!

トレール注文を活用しよう!

FXなら

FX投資を行う際、忘れてはならないのがリスク管理です。

思惑が外れて相場が変動した場合、できるだけ少ない損失で損切りすることが投資を続けるために重要なポイントといえるでしょう。

 

そうしたリスク管理の対策のひとつとして有効なのがトレール注文です。

 

「トレール注文ってなんなの?」

「トレール注文の仕組みがよくわからない!」

と思っている方もいらっしゃると思います。

こんにちは、FXを勉強中の大輔です。
つい感情的にトレードして、損失がたくさん出てしまいました・・・。

感情的になると失敗するわ。
逆指値注文で自動で損切りを行うといいわね。

でも相場に合わせて注文価格をちまちまと設定するのって
面倒なんですよね。

それなら相場に合わせて自動で注文価格が変動する、
トレール注文がオススメよ!

トレール注文かぁ・・・

どうやら感情的にトレードしがちで、逆指値の設定も面倒がる僕にぴったりの注文方法みたいですね!

それでは、今回は僕と一緒にトレール注文について勉強していきましょう!

 

トレール注文は決済専用のもの

「トレール注文」はレートが予想よりも上昇したり下降したりした場合に損切りを行う逆指値注文のひとつです。

 

そのことから、トレール注文はストップロス注文にも利用されることが多く、「トレールストップ注文」と呼ばれることもあります。

 

トレール注文の「トレール」には「追いかける」という意味があります。

通常の逆指値注文とは異なり、一定の値幅を設けながら相場の動きに追随することで、自動的に注文価格が変動するのが特徴です。

 

逆指値の場合

たとえば、買いポジションにおいて、1ドル=100円のときに99円を逆指値として設定したとしましょう。

その場合、通常の逆指値注文であれば、その後、相場がどれだけ上昇したとしても設定値は99円のままです。

 

トレール注文

 

トレール注文で99円をトレール価格(ストップロス価格)として設定したとします。

すると、実価格とトレール価格の差であるトレール幅は1円です。

トレール注文では、レートの動きに合わせてこのトレール幅が維持されます。

もしも1ドル=101円になればトレール価格は100円になりますし、1ドル=102円になればトレール価格は101円になるのです。

 

そして、102円まで上昇した価格が101円まで下降した場合、自動的に売り注文が実行されることになります。

また、トレール注文では、レートが上昇し続ける限りはいつまでも決済されることがありません。

 

「トレール注文では一度切り上がったレートが再び下がるということはない」ということです。

 

トレール注文ではレートが下降してしまった場合、自動注文によって損失を防ぐことができます。

その一方、レートが上昇し続けている場合には、確保できる利益はどんどん増えていきます!

 

売りポジションを保有している場合

先ほどは、買いポジションを保持している場合のトレール注文のお話をしました。

売りポジションを持っているときのトレール注文は、買いポジションを保有している場合とは逆の考え方になります。

 

つまり、売りポジションのときにはあらかじめ現在のレート価格よりも高くトレール価格を設定することになるのです。

そして、設定した値幅の範囲内で、ストップロス設定していた価格が切り下がっていくことになります。

 

売りポジションのトレール注文

 

たとえば、1ドル=100円のときに101円をトレール価格としてトレール注文すると、1円のトレール幅が設定されます。

1ドル=99円になればトレール価格は100円になり、1ドル=98円になればトレール価格は99円になるわけです。

その後、1ドル=98円だったレートが再び99円へと上昇した場合、自動的に売り注文が実行されます。

 

また、売りポジションの場合も買いポジションと同じように、一度切り下がったレートが上がるということはありません

 

利益を確定したいときは手動決済も多い

手動で決済

トレール注文は自動的に決済を行う注文方法ですが、手動で決済したり、設定を変更したりすることが可能です。

たとえば、トレール注文を行う際に気をつけるべきポイントとして、相場が同一方向に動いていく限りは決済されないということが挙げられます。

 

仮に一時的に値幅が設定した金額よりも狭くなったとしても、切り上がったり切り下がったりしたトレール価格は動きません。

再び相場が期待した方向に動いていけば、注文を実行せずに相場を追跡することになります。

 

そうしたことから、今すぐにトレール注文で利益を確定したいという場合には、頃合いを見て手動によって利益確定の決済注文を入れるようにしましょう。

しかし、それほど急いでいない場合には、相場が反転してストップロスがかかるのを待つこともできます。

 

また、FXにおいては価格がいったん10円ほど変動し、「そこから再び元の価格まで回復する」というようなことが多く起こります。

そういうことが続くと、いくらリスク対策としてトレール注文をしていても、損だけを出して終わってしまうことになるでしょう。

 

そのことを防ぐ方法として、相場の状況を見ながらトレール価格や値幅の設定値を手動で切り替えるというものが挙げられます。

そうすれば、相場がまるで損切り設定している人を振り落とすような動きをした場合でも、しっかり利益を確保することができるわけです。

 

トレール注文のメリットとデメリット

トレール注文のメリットとしてまず挙げられるのは、損失を限定しながらも、相場のトレンドが続く限りは利益を期待することができるということです。

 

トレール注文では相場の値動きに合わせて注文価格が追随します。

そのため、仮に自分が予想した方向に相場が動けば利益を得ることができますし、そうでなくても損失は最初に設定したトレール幅以下に限定できるのです。

 

また、自由に値幅の設定をできるということも大きなメリットといえるでしょう。

 

トレール注文ではトレンドが続く限り利益が拡大します。

そのため、適切な値幅設定をしていれば、成り行き注文で起こりがちなトレンドの途中での注文を予防することができるでしょう。

 

ただし、デメリットもあります。

トレール注文では、値幅の設定によって大きなリスクがあるということも忘れてはなりません。

 

たとえば、あまりに狭い値幅を設定していた場合には、トレンドの途中ですぐに注文が成立してしまう可能性があります。

一方、あまりに広い値幅を設定しているとトレール注文の意味がなく、結果として損失を抱えてしまうことになるかもしれません。

適切な値幅がどれくらいなのか、ということをよく判断することが大切です。

 

トレール注文ができるFX会社を選ぶ

トレール注文は通常の手動決済と比べ、取引システムへの負担が大きい決済システムです。

取引においてトレード注文が可能なFX会社は多くありますが、それぞれの会社によって対応状況が異なるので注意が必要です。

 

口座を開設する際にはどのような条件になっているのかをよく比較・検討するようにしましょう。

たとえば、すでに保有しているポジションに対してのトレール注文は可能なものの、新規注文時からトレール注文が可能だというFX会社はあまり多くありません。

 

また、手動でトレール注文では値幅に応じてトレール価格が随時変動することになるため、サーバーの弱い業者を利用すると不便な思いをすることになります。

トレール注文をしたい場合には、それらのことを踏まえたうえでFX会社を選ぶ必要があるでしょう。

 

最適なトレール幅はどれくらい?

トレール幅はどれくらいでせっていすればいいのか

トレール幅には金額ベース為替レートベースの2種類があり、「一般的には損失が一定の金額になったら損切り」という金額ベースで設定することが多い傾向です。

その場合には、およそ総資金の1~2%の間を目安とするとよいでしょう。

 

また、トレール幅を設定する際にはボラティリティについても考慮しておきましょう。

ボラティリティとは、チャートの変動比率のことです。

チャートが大きく変動している場合は「ボラティリティが高い」といい、逆にほとんど変動していない場合は「ボラティリティが低い」といいます。

 

たとえば、夜中の時間帯や重要な指標が発表される日は相場の変動が起こりやすい(ボラティリティが高い)ため、トレース幅を少し広めに設定した方がよいかもしれません。

 

長期取引やスイングトレードで「少しでも大きな利益を狙いたい」という場合も、トレール幅を広めにしておくとよいでしょう。

小さな変動で注文が確定してしまわないようにするためです。

 

逆に、短期間で一定の利益が見込めるくらいにレートが動いている場合には、トレール幅を狭く設定しておいた方が利益は出やすい傾向です。

 

トレール幅は一定の幅に設定して放置しておくよりも、ある程度手動で調節するようにしましょう。

 

ボラティリティについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご参考にしてください。

変動率って何に活用するの?ボラティリティで通貨ペアを選ぼう

 

FX初心者は為替レートベースで設定することは避けるべき

トレール幅は為替レートベースで設定することもできます。

為替レートベースとは、「レート上の金額がいくらになったら損切りする」というものです。

 

しかし、まだFX取引に慣れていない初心者の場合は、為替レートベースでの設定は避けた方が無難です。

なぜなら、金額ベースよりも為替レートベースの方が損失の割合が大きくなることが多いからです。

 

たとえば、1ドル=100円で保有していて、1ドル=99円になったら損切りするとしましょう。

このとき、1万ドルを所有していれば損切りしたとしても5,000円の損失ですみます。

 

しかし、もしも10万ドルを所有していれば、損失は5万円になってしまいます。

つまり、為替レートベースの場合はトレードする通貨量によって損失額が大きく異なってしまうわけです。

為替レートベースの場合、たった1回の取引で大きな損失をこうむってしまうことも珍しいことではありません。

 

一方、金額ベースであれば、通貨をいくら保有していても損失額は一定です。

投資資金10万円で最大損失を総資金の1%に設定していれば、1万ドル所有していようが10万ドル所有していようが、損失は1,000円ですむというわけです。

まずは金額ベースでトレール注文ですね!

トレール幅の設定はFX会社によって異なる

トレール幅の設定単位や設定範囲には、共通したルールがあるというわけではありません。

そのため、FX会社によってその条件はさまざまです。

 

たとえば、ある会社は最小トレール幅が0.3銭で最大トレール幅の上限はなし、トレール幅は0.1銭単位で設定できます。

しかし、なかには最小トレール幅が20.0銭で最大トレール幅が5円、トレール幅の設定単位は1.0銭という会社もあります。

また、最小トレール幅が1.0銭で最大トレール幅は通貨量の50%、設定単位は3.0銭というところもあるのです。

 

基本的にはトレール幅の設定範囲が少しでも広く、また設定単位が少しでも細かくなっている方が使い勝手がよいといえます。

その方が相場の状況に合わせたトレール幅を設定できますし、手動で調整する際にも便利です。

 

トレール注文が利用できるかどうかだけでなく、「どのような条件で利用できるのか」といったことも考慮に入れたうえでFX会社を選ぶようにしましょう。

 

ヒロセ通商は、トレール注文ができるオススメのFX会社です!

口座開設して、トレール注文を実際に活用してみましょう!

 

FXなら

まとめ

いかがでしたか?

 

投資にリスクはつきものです。

だからこそ、あらかじめもしもの場合を想定しておくことが大切だといえるでしょう。

 

もちろん、だからといってリスクについてだけ考えていたのでは、せっかく得られる可能性があった利益までもみすみす逃してしまうことにつながりかねません。

そのようなことにならないために有効な注文方法のひとつがトレール注文なのです。

 

トレール注文でトレール幅を設定しておけば、相場が思惑通りに動いている限りは自動で利益を確定することができます。

また、たとえ思惑が外れてしまったとしても、あらかじめ設定しておいた一定の金額以上に損失してしまうということはありません。

 

トレール注文で正しくリスク管理を行えば、仮に投資で損失が出てしまったとしても、怖がることなく再チャレンジすることができるでしょう。

 

そうしたリスク管理こそが、多くの利益を得ることにつながるのです。

自分自身の許容リスクがどれくらいなのかを把握するためにも、トレール注文に挑戦してみましょう!

 

初心者におすすめのFX口座

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

SBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。