トラッキングトレードって何?仕組みと設定をわかりやすく解説!


FXブロードネットのトラッキングトレード

 

僕、最近忙しくて正直FXの取引に割く時間があんまりないんですよね。

それなら自動売買のなかでも初心者向けのトラッキングトレードをやってみたら?
設定もシンプルだし、仕組みもそんなに複雑じゃないわよ。

トラッキングトレードは、FXブロードネットが提供している自動売買サービスです。
トレンドはもちろん、レンジ相場でも効果を発揮するので収益チャンスも多いんですよ。

記事のまとめ
  • トラッキングトレードは、設定範囲に注文を巡らし自動的に売買を繰り返していくシステム
  • さらに相場の動きを追尾するため、利益が出る方向に動いたときは収益チャンスを逃さず利益が積みあがる!
  • 設定する項目は4つだけ!(通貨ペア、自動で売買させる範囲、売るか買うか、資産額)
  • 損失方向に動いたときも自動的に追尾するため、自分で停止させるタイミングを見計る必要がある
  • 手数料がかかる(1,000通貨の場合は1回の取引につき計40円)
トラッキングトレードがおすすめの人
  • 自動売買が初めての人
    ←設定がシンプルで仕組みも理解しやすい
  • 少額から自動売買をしてみたい人
    ←1万円程度でも始めることは可能
  • 細かい設定が苦手な人
    ←ランキングから設定の選択もできる
  • 通貨ペア数の多い自動売買ツールを探している人
    ←24通貨ペアと充実

トラッキングトレードって何?

トラッキングトレードの仕組み

トラッキングトレードとは、「買い注文と売り注文のセット」を複数仕掛けることによって利益を狙う自動取引ツールです。
つまり「安く買って、高く売る」を自動的に繰り返していきます。

(1)売りと買いのセットを複数仕掛ける
下の図のように、相場に複数の「買い売りセットの注文」を仕掛けることによって、相場がどのように動いても自動的に利益を得ることができます。
簡単にいうと、相場に網を張っておくというイメージですね。

トラッキングトレードの仕組み

(2)追尾機能でチャンスも拡大!
また、トラッキングトレードには相場の追尾機能があります。
追尾機能とは、利益を伸ばせる方向に価格が動いた場合に想定変動幅(トラッキングトレードが発動する範囲)が自動的に動くことです。
レンジ相場で思うように利益が出ないときでも想定変動幅が移動することによって、利益を得ることができます!

トラッキングトレードの追尾機能

 

 

追尾機能をもっと詳しく

追尾機能は、具体的にいうと想定変動幅を超えたときに発動されます。

例えば想定変動幅を500pipsに設定した場合を例にだしましょう。
500pipsの範囲内では、ポジション間隔50pipsで10個の注文が張り巡らされています。

現在ドル/円=100円だとして、その後105円以上に値上がりしたとすると想定変動幅を超えてしまいますよね。

その際すでに、100円で発注された1番目の買い注文は100.5円のときに決済されています。
そのポジションはどこにいくのかというと、想定変動幅を超えるラインである105円で新しく買いポジションがたつことになります。
つまり、1番目のポジションが決済されると想定変動幅を超えた105円に移動し、そこで新しく買い注文が発注されるというわけです。

トラッキングトレードは、このように古い注文が相場の動きに沿って移動することにより、想定変動幅が相場を追尾していくというシステムになっています。

トラッキングトレードの設定

任意で設定する

トラッキングトレードで設定するのは「通貨ペア」「想定変動幅」「ポジション方向」「対象資産」です。
図を見ると、「ボラティリティ参考期間」というものがありますが、これは想定変動幅を任意で決めずに自動的に出す場合に入力します。
(例えば、「半年」と入力すると過去半年の値動きの変動幅から、自動的に想定変動幅を算出します)
自動売買では設定段階で混乱している人も多いですが、設定がシンプルなのもありがたいですよね。

トラッキングトレードの任意設定

通貨ペア:売買をする通貨の組み合わせ。初心者は「ドル/円」「ユーロ/ドル」などがおすすめ
ボラティリティ参考期間:過去の値動きを参考に、自動で想定変動幅をだす場合に入力する
想定変動幅:注文を仕掛ける範囲
ポジション方向:「買い」か「売り」から選ぶ
対象資産:トラッキングトレードに必要な資産

設定のなかでとくに重要なのは、以下の2つです。

(1)対象資産
対象資産は、トラッキングトレードで使う資産のことです。
資金を入力した時点で、自動的に最大保有できるポジション数が決まります。
ちなみに、トラッキングトレードで必要になる資金は以下の内訳になっています。

トラッキングトレードで必要となる資金=ポジション分の取引証拠金+ポジションの最大の含み損

1万円程度でも始めることはできますが、ポジション数を増やしまとまった利益を得るには20万円前後の資金があるとよさそうです。
トラッキングトレードの必要資金の目安表はこちら

(2)想定変動幅
想定変動幅とは、トラッキングトレードが稼働する範囲のことです。
この範囲の設定が不適切だと、いつまでも注文や決済がされなくなってしまいます。

想定変動幅が広いほど利益を得るチャンスが多くなるので、ある程度広めに設定しておくのがおすすめです。

想定変動幅は、今のレートから動きうる一番遠くの価格に設定しましょう。
過去の安値や高値も参考になります。

ランキングから設定する

トラッキングトレードのランキング設定

取引期間を目安に、ランキングから設定を選択することも可能です。
自分の取引スタイルとあうものがあれば、参考にするのもよいでしょう。

トラッキングトレードの注意点

追尾機能が損失を膨らませることも

トラッキングトレードは自動で相場を追尾するのが魅力といえますが、それが損失を膨らませてしまう原因になることがあります。
「え、追尾機能が損失につながる!?」
と驚いている方もいらっしゃるでしょう。

トラッキングトレードには、自動で相場を追尾する機能があるのはご存知の通りです。
利益がでる方向に相場が動いたら、徐々に相場を移動し利益を積み上げていきます。
しかし、トラッキングトレードは、予測と反対方向に動いたときも同様に相場を追尾します。

それはつまり、反対方向に相場が動いた場合は、損切りを繰り返しながら価格を追尾するということです。
いつまでも反発しないと損切りを繰り返していくことになります。

損切りが続く状態を止めたい場合は、自分でトラッキングトレードを停止させる必要があります。
停止させる方法は2つあり、トラッキングトレードの照会画面の「データ照会」から選択して削除する方法と、ポジション一覧から注文種類が「TRT」と表示されているポジションを手動で決済する方法があります。

予測とは反対に相場が動く状況があれば、臨機応変に停止させるようにしましょう。

手数料がかかる

トラッキングトレードは手数料がかかります。
手数料は以下の通りです。

    1ロット=1万通貨の場合は、新規注文約定時に400円(新規手数料200円と決済手数料200円)
    1ロット=1,000通貨の場合は、新規注文約定時に40円(新規手数料20円と決済手数料20円)

ただし、スプレッドは通常の裁量取引と変わりません
スプレッドは業界最狭水準!
自動売買ではスプレッドを広くしていることが多いため、トレーダーにとっては魅力といえます。
(スプレッドは原則固定)

米ドル/円ユーロ/円豪ドル/円NZドル/円ユーロ/ドル
0.3銭0.5銭0.6銭1.3銭0.3pips

トラッキングトレードガチンコバトル!からわかるコツ

FXブロードネットでは現在「トラッキングトレード ガチンコバトル!」と題して、4人のトレーダーが3カ月間という決められた期間で、資金30万円を元手にどれだけの利益を出せるのか競い合っています。
公開されている範囲で、このガチンコバトルに参加しているトレーダーさんから学べるコツを紹介します。

↓2019年1月4日~2019年3月29日までの成績↓

順位トレーダー名損益(割合)※
1チャーティスト先生さん+56,930円(+19.0%)
2怠け者の楽々投資さん+41,017円(+13.6%)
3ファンダメンタリストさん+22,478円(7.5%)
4トラトレめがねさん-80,322円(-26.7%)

※保有ポジションを決済し確定した損益(元本30万円に対する確定した損益の割合)

チャーティスト先生さんは大きなトレンドに乗るスタイル

・通貨ペアはユーロ円とユーロドル
・設定はトレンドにあわせる(順張りが基本)
・レンジ相場でも、長い目で見て上昇トレンドであれば買いをいれる
・日足や週足のボリンジャーバンドや一目均衡表を使用

あらかじめ停止させる目安を決めておき、そのラインに到達すると停止させるという手法をとっています。
予測通りのサインが継続している場合は、決済OCO注文に変更することによって損失をおさえるようにしているようです。

怠け者の楽々投資さんはほったらかしスタイル

・通貨ペアは豪ドル円
・設定時の安値から想定変動幅を設定
・想定変動幅内での上げ下げでコツコツと利益を得る

初心者向けの取引スタイルといえます。
過去の価格変動から「この先〇円は割らないだろう」という予測をたてて想定変動幅を設定し、あとはほとんどほったらかすという方法で資産を増やすことができたようです。

まとめ

今回はトラッキングトレードについてご紹介してきました。
トラッキングトレードは初心者の方でもはじめやすいサービスです。

設定はシンプルながらも、取引スタイルを自分なりに構築することができます。
「これからFXをはじめてみたい!」という人も、「普段忙しくて裁量トレードだと追いつかない!」という人もトラッキングトレードを試してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい
外為ジャパンのキャンペーンは良心的?2万円獲得するための攻略法を解説

外為ジャパンのキャンペーンは良心的?2万円獲得するための攻略法を解説

OANDA Japanのスプレッドは狭い?他社と比較してわかった事実

OANDA Japanのスプレッドは狭い?他社と比較してわかった事実

FXブロードネット口座開設までの流れ

FXブロードネット口座開設の流れ|申込から入金方法まで詳しく解説!

【最大10万円】LIGHT FXのキャンペーン|条件達成のためのおすすめの方法とは

【最大10万円】LIGHT FXのキャンペーン|条件達成のためのおすすめの方法とは

ひまわり証券口座開設までの流れ

ひまわり証券口座開設の流れ|必ず確認したい申込条件・手順を解説!

外為ジャパン口座開設の流れ

外為ジャパン口座開設の流れ|書類提出までをわかりやすく解説!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x