チャートからトレンドを読む!トレンドラインの使い方を紹介

2018年9月17日

アイキャッチ

FX初心者の方はチャートからトレンドを読むことが難しいと考える方が多いのではないでしょうか?

 

「トレンドってチャートでどんな風に読めばいいの?」

「トレンドを読める方法なんてあるの?」

と思われる方がいらっしゃるかもしれません。

FX初心者にも使えるトレンドを読む方法のひとつとして、トレンドラインという方法があります。

こんにちは、毎日FXの勉強をしている大輔です。
トレンドって読むのが難しいですよね。

そうね。
トレンドを読むためにもトレンドラインは覚えておく必要があるわ。

 

ということで、今回はトレンドラインについてご紹介していきます。

トレンドラインを知るだけではなく、活用して売買するためにもチャートが意味するものを正しく把握する必要があります。

それには、トレンドラインの引き方と注意点を理解も大切です。

僕と一緒にトレンドラインについて見ていきましょう。

 

トレンドラインの必要性

トレードを行う場合、相場のチャートを分析するのが必須です。

しかし、チャートを見るだけでは値動きを正確に把握することはできません。

相場の動きはラインを引くとどちらを向いているか分かりやすくなるので、トレードには欠かせないものなります。

 

トレンドラインを引くと、チャートの規則性が浮き彫りになるので、ライン際には注文が集中するのです。

ライン際にエントリーすることで、自分の希望に合った売買が可能になります。

 

反対に、トレンドラインから離れたポイントでは、チャートはランダムな動きになるため思惑は外れやすくなるでしょう。

移動平均線などのインジケーターは値動きを数値化したもので、設定によって個人差が出るものです。

 

それに対し、トレンドラインはチャートの形が基準になっているため、同じようなラインになります。

皆が意識することでラインの有効性が高まるので、トレンドラインは正しく引くことがポイントです。

 

もし、的外れなラインであれば思惑通りには機能しないでしょう。

トレンドラインは、ほかのラインの機能も備えているため、習得することでエントリーポイントや利益を上げる方法も理解できるようになります。

 

有効なトレンドラインを引くことで勝率がアップできる

FXのテクニカル手法には、難しいものからシンプルなものまでさまざまなものがあります。

投資家は多くの手法を駆使してチャート分析を行い、日夜勝率アップを目指しています。

数あるテクニカル手法のなかでも、トレンドラインはシンプルで分かりやすいので、多くの投資家が採用しているといっても過言ではありません。

 

トレンドラインは、ポイントさえ押さえることができれば有効な手段です。

有効なトレンドラインを引くことは相場の値動きに左右されることが少なくなり、勝率アップにつながってきます。

 

まず、トレンドラインを引くときには、後付けしないでリアルタイムで行うのがポイントです。

ただ、自分に都合のよい引き方をしてしまうと、チャートの波形を無視することになってしまうので気を付けましょう。

自分の都合ではなく波型の流れを意識して、トレンドの勢いが変化すれば何度も引き直すことが重要です。

 

トレンドラインはひげからひげに引くのも大切なポイントで、実体からではなく「ひげ先」から次の「ひげ先」を2点目とします。

もし、3点目でトレンドラインが抜けてしまっても、ひげで引ける場合はそのままで大丈夫です。

 

ただし、始点と2点目、3点目の距離が近い場合は有効ではないトレンドラインと考えられます。

また、ラインの角度が急過ぎる場合も正しく引けていないので注意が必要です。

 

トレンドラインはローソク足のヒゲも考慮する?

トレンドラインを引くときに迷いやすいのが、「ローソク足のヒゲも考慮するのか」という点でしょう。

ヒゲというのは、その時点での最安値・最高値を表すもので、ほかの投資家が考慮に入れて投資の材料にしているものです。

 

もし、ローソク足のヒゲを無視してトレンドラインを引けば、ほかの投資家とは違うラインを引くことになってしまうでしょう。

トレンドラインは、多くの投資家が同じラインを引くからこそ有効になることを忘れてはいけません。

 

日本で多く採用されているローソク足のチャートですが、世界中ではほかにもバーチャート、ラインチャートなどいろいろな種類のチャートが使われています。

ローソク足のヒゲを無視すれば、最安値・最高値も無視することにもなります。

 

安値同士や高値同士にラインを引くだけ、と考えられがちなトレンドラインですが、このように注意するポイントを押さえることが必須です。

 

ただし、常にローソク足のひげを考慮するわけではなく、ヒゲが密集していて迷う場合などは実体に合わせることも検討しましょう

ひげから実体に、実体からひげに引くこともあるので、臨機応変に対応が必要です。

 

上昇トレンドラインの鍵は高値更新

上昇トレンドラインとは、安値同士を結んだラインです。

 

上昇トレンドライン

上昇トレンドラインは、安値になればやみくもに引くものではなく、直近高値を更新しなければ引いてはいけません

チャートの直近高値が更新された時点で、安値が切り下げられたことになるからです。

上昇トレンドラインでは、安値を切り上げて高値を更新し続けるかぎり、上昇トレンドラインが続いていると見るべきでしょう。

 

下降トレンドライン

また、下降トレンドライン高値同士を結んだラインです。

高値を切り下げて安値を更新し続けている場合は、下降トレンドラインになります。

 

FXでは、高安値の切り上げ・切り下げ・更新を見極めながら、上昇トレンドラインと下降トレンドラインを引いていくことが大切です。

 

 

エントリーポイントの判断材料

トレンドラインを有効に利用してFXで利益を上げるために、エントリーポイントと決済の見極めは重要な項目です。

FXで損失を少なくするために必要な損切り(ロスカット)をするために覚えておくべきでしょう。

 

FXでは、上手に損切りをしないとレバレッジに応じた損失を被ることになりかねません。損切りをするタイミングの見極めが重要で、長く塩漬けにするなどは避けるべきでしょう。

塩漬けとは含み損が増えてもポジションを保有し続けることをいいます。

 

エントリーポイントは、どのように判断すればいいのでしょうか。

エントリーポイントは、「終値がトレンドラインを超えてきたか」で判断するといいでしょう。

 

たとえば、下降トレンドラインを超えたところで買った場合は、終値がトレンドラインを割ったところで売って損切りをします。

また、上昇トレンドラインを割り込んだところで買った場合は、終値がトレンドラインを超えたところで売って損切りをするなど、トレンドラインを超えることがエントリーポイントになるのです。

 

エントリーポイントを把握すれば、損切りを早いタイミングで行うことができるでしょう。

 

サポートラインとレジスタンスライン

トレンドラインは、サポートライン(支持線)レジスタンスライン(抵抗線)としても機能する、優れたテクニカル手法です。

 

レジスタンスラインとサポートライン

サポートラインとは下同士を結んだ水平ラインで、相場価格が下値になったときに、それ以上下がらないように相場が反発することを支持するものです。

 

FXを行っている多くの人々は安値に敏感で、ローソク足の価格帯に注目し、最安値に近づくほど買い注文が増える現象が起こります

サポートラインは同じ最安値の価格帯が2つ以上あるもので、ポイントが多いほど売買が活発に行われていることが分かります。

 

ただし、必ずサポートラインからの反発が起きるわけではありません。

いずれは下落していくものなので、見極める力は大切です。

 

またレジスタンスラインとは、上値同士を結ぶ水平ラインのことで、相場価格が上昇しラインに近づくと、上値が反発してラインを超えないように働く力が発生します

 

ほとんどのFX投資家が注目するチャートの高値では、レジスタンスラインに近づくほど売り注文が増えるため、反発する現象が起きます

 

値動きがある相場では、サポートラインとレジスタンスラインが交代することもあります。トレンドラインは、下降・上昇と両方の値動きに対応できる手法です。

 

次はトレンドラインを活用するために、具体的なトレンドラインの引き方を見ていきましょう。

 

安値同士・高値同士を結ぶことでトレンドラインを引ける

FXで利益を上げ成功している多くの投資家は、チャートを見るときにトレンドラインを引いて活用することを徹底しています。

トレンドラインの引き方そのものは簡単で、上昇トレンドラインであれば安値同士、下降トレンドラインであれば高値同士を結ぶだけです。

 

しかし、実際に引くときには迷ってしまう点があるので、気を付けるポイントがあります。

上昇トレンドラインは、チャートで目立つローソク足の安値を2つ以上見つけたときに、安値を結ぶように右肩上がりのラインを引きます

 

このローソク足は、1本1本が相場価格の始値・終値・高値・安値を表しているので、一目で安値が分かるのが特徴です。

太いバーは「実体」で、始値と終値の差を表し、実体と高値・安値の価格を表しています。

 

ローソク足

そのため、上昇トレンドラインや下降トレンドラインを引く際は、ローソク足のひげに注目しましょう。

下降トレンドラインは高値同士を結びますが、このとき2点以上、なるべく多くの点を結ぶのが強いラインにするポイントです。

トレンドラインの引きかたってこんな感じなんですね。

高値と安値を目印に引けばいいから、チャートを読むのが難しい人でも覚えやすいわ。

 

できるだけ多くラインを引く

チャートを見るときに、はじめから最適なトレンドラインを見つけるのは難しく、慣れないうちはどのように引けばよいのか迷いがちです。

チャートにトレンドラインを1本だけ引いて満足するのではなく、何本も引いてみることが大事でしょう

 

トレンドラインは後から消したり動かしたりできるので、慣れないうちはチャートにたくさんのトレンドラインを引くことをおすすめします。

 

どんどんトレンドラインを引いていくと、チャートが見にくくなってしまうかもしれません。

しかし、後から見ると間違えたと思われるラインが出てくるので消していくことで最適なトレンドラインがわかるようになります。

 

長いトレンドラインを残す

FX投資に慣れないうちは、たくさんのトレンドラインを引いた後に、どのラインを残したらよいのかも迷うかもしれません。

 

多くのラインを引いた後、うっかり正確なラインを消してしまったらと考えると、なかなか消すことができなくなります。

そのときは、チャートに引かれたラインを見て、できるだけ長いトレンドラインを残すことが大切です。

 

これは、トレンドが続く時間が長いほど、投資家たちが注目して意識するからです。

トレンドラインが長いということはトレンドが続いていることを示しているので、残しておきましょう。

 

また、時間が経過するごとに新しいローソク足が表れていくので、引くべきトレンドラインも変わっていきます。

長いトレンドラインを残し、チャートをよく分析していくと、時間とともに起点が変わっていくなどの経過も観察できるでしょう。

 

自分でラインを引くことが大切

はじめてのFXでは、トレンドラインを引くときに自信がないので自動のシステムを使ってしまうこともあります。

確かに、トレンドラインは自動で引くツールもあり大変便利ですが、自分でラインを引くメリットは大きいものです。

 

チャートの値動きを見てから自分で考えて分析した上でトレンドラインを引くと、実践的なスキルを身につけることができます。

はじめから自動に頼ってしまうと、自分で考える必要がありません。

FXで利益を得るには、ほかの人が機械的に運用している部分を、深く考えて行くことが大切です。

 

また相場価格の動きは、経験の積み重ねで少しずつ予想ができるようになります。

さまざまな要因で変動するチャートは常に動いているので、トレンドラインを自ら引くことで、いろいろな角度から検討することが必要です。

 

だましを回避するためにはダウ理論を理解しておく

FXで基本となるダウ理論を理解しておくことも必要でしょう。

アメリカの証券アナリストのダウ氏が提唱したもので、「為替相場の値動きで、いったん上昇や下降のトレンドが起これば、反転させる現象が起きない限り相場は上昇、下降を続ける」というものです。

 

ダウ理論はFXや株式のチャートで重要視されています。

ダウ理論とは、相場価格にはすべての事象が織り込まれること、トレンドサイクルには期間ごとに3種類のサイクルがあるとしています。

 

さらに、トレンドには3つの段階があること、複数のテクニカル手法を使った場合は相互に同じシグナルがあるかを確認することが必要と考えられています。

 

トレンドラインを活用する場合にも、ダウ理論は役立ちます。

世界中の投資家が、ダウ理論に基づきトレードを行っていることを考慮するとき、チャートに表れる結果をも左右することが理解できるでしょう。

 

FXでダウ理論を理解しておくと、群集心理で形成されたチャートのだましを回避できるメリットがあります。

ここで大切なのは、ダウ理論の「トレンドは反転させる事象が起きない限り継続する」点でしょう。

明確な反転基準を持つことはFXにおいて大変重要で、ダウ理論を勉強しておくことは大切です。

 

ダウ理論を詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

「上昇・下降の波に上手に乗って「押し目買い」「戻り売り」を狙おう!」

 

直近の高値と安値をブレイクしているかを確認する

FXでブレイクアウトが発生しても、多くの投資家はだましの可能性を疑うので、すぐには値上がりしません。

相場にはトレンドが発生しにくいという側面もあるので、当然といえる現象なのです。

それでは、どうすればブレイクアウトが確実なのかを確認できるのでしょうか。

 

ブレイクアウトの見極めで大切なのは、安全と考えられる2回目の伸びです。

ブレイクアウトが伸びるのは、2回目の伸びで多くの買いがありアップトレンドとなるからでしょう。

 

これは、2回目の伸びが発生したときに、直近の安値と高値をそれぞれ切り上げることになります。

そうなれば、ダウ理論によってアップトレンドの条件が満たされ確定されたことになります。

 

FXに慣れていない人がブレイクアウトでロスカットになりやすいのは、値ごろ感などで安易に手を出してしまうことが原因にもなります。

ブレイクアウト直後に反応して売買するのは避けた方がいいでしょう。

 

エントリーは指値注文で行う

常に変動している為替相場は、値動きをずっと張り付いて見ているわけにはいきません。

指値注文は、常時見ていなくても、売りたい価格と買いたい価格を指定できる便利な取引方法です。

 

トレンドラインを利用してチャートを分析し、指値注文をするといいでしょう。

指値注文では、現在よりも高いレートになった場合に売り、低いレートになったときに買うように指定します。

 

指値の注文が難しいと感じる場合には、トレンドラインを意識するといいでしょう。

はじめは、たくさんのトレンドラインを引いていき、チャートに合うものが見つかれば残して、ほかのラインを消していけば大丈夫です。

 

指値注文は相場価格、為替レートを指定して注文しますが、逆指値注文は、反対に高くなったら買う安くなったら売るという方法です。

最安値や最高値での注文はできないものの、トレンドに合わせた注文ができ、損失を抑えるある方法です。

 

チャート分析に多大な時間をかけ生活に支障をきたすようなことのないよう、指値注文をすることがおすすめです。

 

指値注文を詳しく知りたい方はこちらの記事をご参照ください。

「買うのも売るのもおまかせ!指値注文でFXの効率を上げよう!」

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はトレンドラインについて紹介してきました。

 

トレンドラインは安値同士を引く上昇トレンドと高値同士を引く下降トレンドの2種類があります。

最初から正しいトレンドラインを引こうとしても、理想のラインや正解のラインを引くことは難しいです。

 

チャート分析を何度も繰り返し行うことによって、いろいろなパターンを学びトレンドラインに強くなります。

自分が覚えたパターンに固執することなく、常に新しいパターンを学んでいくことが大切です。

 

機能的なトレンドラインを引く力を身につけて、FXで確実に利益を上げていきましょう。

 

 

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXには為替相場のほかに日経平均やダウ、株式市場、金などのチャートを比較することが可能なツールとしてプレミアチャートがあります。

 

また基本的に実装されているレートや注文、ニュースなどを除いて各種機能をメインツールから切り離して利用することが可能です。

 

初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリツールもあり、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は19種類の通貨ペアと11種類の主要指数を比較することができるプラチナチャート+があります。

 

最大4通貨ペアの同時表示を可能とし、38種類のテクニカル指標を加えて、様々な分析手法に対応しています。

 

また対象期間内での価格変動増減率への切り替えを可能としているために通貨ペアごとの強弱を見ることもできます。

ヒロセ通商

為替

ヒロセ通商には、ほかのFX会社と違って50種類の通貨ペア数を選択できるLIONチャートプラス+があります。

 

ピボットATRなどのLIONチャートプラス+でしか使うことのできないテクニカルも搭載され、高度な分析をすることができます。

 

また複数のポジションを好きなようにまとめ、トレーダーの目的別に管理することが可能です。