チャートに『トレンドライン』を引いて相場の波に乗ろう!

2018年9月17日

アイキャッチ

「トレンドラインってなんの線のこと?」

なんて思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

トレンドラインとは、相場の流れに沿って引いた線のことです。

FX取引を行う場合、トレンドがどちらの方を向いているのかを把握したうえで取引することが大切です。

トレンドの把握は、FX経験が長い人はもちろん、初心者が取引を行う上でも重要なポイントになります。

 

こんにちは!
「FXで億り人」の新人の方、大輔です!

メガネの方、リサよ。
トレンディなネタね、大輔くん。

乗ってもらってアレですけど、流行ったのはだいぶ前ですよ!


このネタわかる人いるのかな・・・?

僕もちゃんとトレンド(流行)を把握しないと!

と、いうことで、今回は「トレンドライン」について勉強していきましょう。

 

FXにおいて、相場が上がっているか下がっているか、どちらのトレンドになっているかを把握するには、トレンドラインを活用することが有効です。

そこで、トレンドラインはどんな役割を果たすのか、トレンドラインの引き方、トレンドラインを使って流れを把握する場合の注意点などについて解説します。

トレンドに乗るという考え方

FXで成果を出す、つまり、コンスタントに利益を稼いでいくためには、トレンドにうまく乗る必要があります。

トレンドとは、価格や為替レートが高値か安値のどちらかの方向に動いていくことです。

同じ方向への動きが続けばトレンドが継続していることになります。

 

その流れに乗れば、利益が出しやすくなるというわけです。

FXで利益を出すには、安い時に買って高い時に売る、もしくは、高い時に売って値下がりしたら買うという、どちらかの取引を行うことで利益を出します。

この考え方は、FXだけでなく、株式投資や投資信託への投資などほとんどすべての投資にあてはまる考え方です。

 

FXでは、上昇トレンドか下降トレンドかを把握することが重要になります。

上昇トレンドに合わせて買いを入れることができれば利益が得られます。


下降トレンドに乗る場合は、売りです。

トレンドの判断が正しくできれば、おのずと利益が得られるようになるでしょう。

 

ただし、トレンドの転換点には注意が必要です。

転換点が把握できないと、せっかくの利益を減らしてしまうことになってしまうからです。

 

トレンドを把握するためにはテクニカル分析が欠かせません。

テクニカル分析とは、チャートで価格動向を把握したり、出来高などの取引データから相場動向を判断したりする分析手法です。

上昇・下降の動きに合わせるのが「順張り」


FXの取引スタイルには、順張り逆張りがあります。

どちらの方法でも利益を出せる可能性がありますが、取引スタイルとしては正反対という点が特徴です。

順張り

順張りとは、相場が上昇トレンドにあるときは、そのトレンドが続く限り流れに乗って取引するという方法です。

「順」という言葉は、流れに沿ってということを表します。

「張る」という言葉は、ポジションをとるという意味ですので、順張りは相場の流れに沿って素直に取引するということになります。

 

トレンドに乗る取引は、大きな流れに乗ることに成功すると、大きな利益につながることがメリットです。

相場が一方向に動く流れが長く続くときには、有効な投資手法だといえます。

 

順張りスタイルでは、上昇トレンドに乗りたい場合は買い注文を入れることになります。

買い注文を入れたあと、上昇トレンドが続けば為替差益を手に入れることが可能です。

 

逆に下降トレンドの場合は、売りから入ります。

初心者の場合、売りから入ることに慣れないという人もいるでしょう。

しかし、FXでは売りから入れることは大きなメリットです。

 

上昇トレンドでも下降トレンドでも利益が出せる可能性があります。

順張りスタイルで投資を行う場合は、上昇トレンドだけでなく下降トレンドでも利益が得られるチャンスがあることを認識してFX投資を行いましょう。

 

横ばいトレンドのときには「逆張り」

逆張りは、トレンドに逆らって取引を行うスタイルの投資手法です。

逆張り取引を行う場合は、相場が向かっている方とは逆の注文を入れることになります。

具体的には、上昇トレンドの場合は売り注文を、下降トレンドの場合は買い注文を入れる取引手法です。
逆張り

上昇トレンドで売り注文を入れたあと、そのままトレンドが継続すると為替差損が生じることになります。

下降トレンドで買い注文を入れる場合もトレンドが続けば損をします。

逆張りのポイントは、トレンドが転換することに注目する取引だと理解するとよいでしょう。

 

同じトレンドは永遠には続きません。

上昇トレンドはどこかで終了し、下降トレンドに転換します。

下降トレンドは上昇トレンドにいつかは変わります。

その転換点で逆張り注文を入れることで利益が得られる仕組みです。

 

逆張りスタイルが有効な状況は、一定の値幅で為替レートが上下動を繰り返すレンジ相場だといわれています。

一定の幅で上下動を繰り返すということは、一定の価格幅で横ばいが続く状態です。

その幅を見極めることができれば相場の転換点を把握できますので、逆張り注文を入れるタイミングがわかります。

逆張りを行う場合は、レンジ幅の上限・下限にあたる上値と底値の把握が重要です。

 

トレンドラインは自ら引く必要がある

トレンドを読むためにはトレンドラインを引く必要があります。

トレンドラインとは、相場の流れに沿って引いた線のことです。

上昇トレンドライン下降トレンドライン

順張りにせよ、逆張りにせよ、トレンドを把握するためには、トレンドラインを引いて画面に表示させておくことが有効です。

頭の中でラインをイメーするよりは、画面上に表示されている状態にしておくほうが取引しやすいでしょう。

 

チャートにはさまざまな線が表示されており、それらの線は自動的に描画されます。

描画される線は、移動平均線やボリンジャーバンドで、どの線を画面上に表示するかは、チャート設定で選ぶのが一般的です。

 

しかし、選択肢のなかにトレンドラインというものは含まれていません。

トレンドラインは、自ら引く必要があります。

チャートツールが自動的に計算して描画してくれるわけではないということを認識しておきましょう。

 

チャートシステムにはさまざまなものがあり、多様な機能を備えています。

主な機能として移動平均線やボリンジャーバンドなどを表示することが含まれていますが、そのほかにも、自ら画面上に線を引ける機能を備えているシステムもあります。

 

そういったシステムを選べば、画面上で自由にトレンドラインを引くことが可能になり、チャートを印刷して定規を当ててラインを引く必要がなくなります。

主には直線を引くことになりますが、曲線を画面上で自由に引ける機能を備えているチャートシステムもあります。

 

高値同士を結んだレジスタンスライン

トレンドラインは自分で引く必要があるといわれると、初心者は戸惑うでしょう。

引き方がわからなければ、トレンドラインを引いてトレンドを確認することができません。

 

トレンドラインは1つではなく、いくつかの種類があります。

そのうちの1つがレジスタンスラインです。

日本語では上値抵抗線といいます。

 

レジスタンスラインは、価格が上昇したときに、そのラインに届くと反転して下降を始める価格を示すラインです。

いわゆる、天井だと理解するとよいでしょう。

 

順張りの場合は、レジスタンスラインまで買いポジションを保有しておき、ラインに届いたら売却することで売却益を最大化できる可能性があります

逆張りの場合は、レジスタンスラインが転換点になる可能性が高いため、ラインの価格がエントリーポイント候補です

レジスタンスラインを見れば、トレンド転換する高値がわかります。

 

レジスタンスラインは、いくつかの高値を結ぶことで引けます。

直近におけるチャート内の複数の高値を直線で結ぶことによって、高値に届いて跳ね返る抵抗線が簡単に得られるでしょう。

 

多くの投資家は、トレンドラインを自ら引いてレジスタンスラインを意識しています。

それが、レジスタンスラインが天井として機能する一因です。

 

安値同士を結んだサポートライン

もう1つのトレンドラインは、サポートラインです。

サポートラインは下値支持線ともいいます。

レジスタンスラインとサポートライン

レジスタンスラインは、天井を示すラインとして機能しますが、サポートラインは、いわゆる底を示すラインとして機能することがポイントです。

下降トレンドから上昇トレンドへの転換するラインと言い換えてもよいでしょう。

 

価格が下がっていった場合、どこかで反転して上昇に転じます。

その価格を示すものがサポートラインです。

 

そのため、逆張りの場合は、サポートライン近くで買いポジションを入れると有利な加為替レートをつかめる可能性が高くなります

また、順張りの場合は、保有していた売りポジションをサポートライン近くで買い戻せば利益を最大化できる可能性があります

 

サポートラインの引き方は、レジスタンスラインと似たような方法です。

高値ではなく、複数の安値を結ぶことでサポートラインを得られます。

直近の安値のいくつかを結ぶことによって、下降トレンドが安値にぶつかり反転するラインが簡単に引けます。

 

移動平均線や一目均衡表よりも反応が早い

トレンドラインを使った相場状況の判断は、移動平均線や一目均衡表を使って判断するよりも有利になるケースもあるといわれています。

理由は、移動平均線などよりも、トレンドラインで判断した方が早く反応できるからです。

 

移動平均線とは、過去の一定期間の価格の平均値をチャート上に描いた線のことで、曲がりくねった曲線になるケースが多いです。

時間の経過ともに平均値の対象となる期間もずれていきますので、曲がりくねった形になるのです。

 

この移動平均線は、1日、1時間、1分など平均をとる期間を変えることによって複数を同じチャート上で表すことが可能です。

平均をとる期間が違う移動平均線が交差するなどによって相場のトレンド転換を把握することができますが、直前または事後的に転換したことがわかることが多く、事前に交差する転換点を予測することは難しいんです。

 

また、一目均衡表は、転換線や基準線、雲、遅行線と呼ばれるものをまとめて表示したチャートです。

この一目均衡表も相場転換を早めに把握することは難しいとされています。

 

一方、トレンドラインは相場転換点そのものを表示する機能がありますので、予測という点で優れています。

トレンドラインを有効活用することは、相場の変化に対して素早く反応できることにつながることがメリットです。

 

強いトレンドでのだましが少ない

トレンドラインを活用してトレンドを把握するメリットは、移動平均線などよりも早く把握できることだけではありません。

MACDRISなどのオシレーター系の指標でよくみられるだましが少ないこともメリットです。

 

MACDとは、Moving Average Convergence Divergenceの頭文字をとった用語で、移動平均収束拡散法と呼ばれています。

平均値をとる期間が違う移動平均線が近づいたり離れたりする様子を棒グラフやラインで表すタイプの指標です。

 

RSIは、相対力指数ともいいます。

一定期間の値上がり幅と値下がり幅から値動きの強さがわかる指数で、買われすぎや売られすぎの判断に活用できる指標です。

 

MACDやRSIを見れば、相場のトレンドがどうなっているのかをある程度は把握できます。

しかし、この2つの指標のデメリットは、しばしば「だまし」が現れることです。

「だまし」とは、指標上は下落トレンドに向かっているにも関わらず、実際には価格が上がってしまうなど、実際の値動きとは違う形を示すことをいいます。

特に、強いトレンドでは「だまし」が発生しやすいというのが特徴す。

 

一方、トレンドラインは、「だまし」が少ないことで知られています

「だまし」が少なければ、それだけ的確な判断をサポートしてくれることになります。

トレンドラインだけで取引することは難しいですが、「だまし」が少ないという特徴を理解したうえでトレンドラインを使えば、より適切なタイミングで売買取引ができるようになるでしょう。

 

相場を長いスパンで捉えていくことが必要

トレンドラインを引く場合、一定期間に含まれている複数の価格を結ぶことになります。

レジスタンスラインであれば複数の高値、サポートラインであれば複数の安値です。

精度を高めるためには、どの程度のスパンの値動きを基礎にしたトレンドラインにするかがポイントになります。

 

せっかくトレンドラインを引いたとしても、精度が悪くサポートラインを簡単に下回ったり、高値がレジスタンスラインを超えることがしばしば起ったりするようでは、トレンドラインを信用して取引を行うことができせん。

トレンドラインの精度が低ければ、投資判断で混乱してしまいます。

これでは、トレンドを把握するという目的を果たせないでしょう。

 

トレンドラインの精度を上げるためには、短い期間の相場でトレンドラインを引くよりも、長い期間の価格を使ってトレンドラインを作るのがよいとされています。

あまり短い期間の高値・安値を結んでも、ランダムな価格の動きが含まれてしまい、精度を出すことができせん。

 

相場を長いスパンで捉えることによって、より大きな流れをトレンドラインに反映できるようになります。

初心者のうちは、長いスパンを対象にしてラインを引くように心がけましょう。

 

プロセスをきちんと説明できるようになる

トレンドラインを感覚的に引くこともあるでしょう。

チャートを見ていると、なんとなくトレンドが把握できることがあります。

しかし、その先入観にとらわれたあとでトレンドラインを引いても、先入観に沿ったものになってしまう可能性があるため注意が必要です。

 

また、自分がすでにポジションをとっている場合やこれから注文を出す方針が決まっている場合などは、無意識にそのポジションが利益を生むようなトレンドラインを都合よく引いてしまうリスクもあります

自分の判断を強化する後付けの材料を無意識に作り出してしまうのです。

 

そういった形で作ったトレンドラインに基づいて取引を行えば、失敗のリスクが高くなってしまいます。

恣意的に都合の良いトレンドラインを引いても無意味だということは、どの投資家でも理解しています。しかし、無意識に都合よくトレンドラインを引いてしまう可能性は誰にでもあることを知っておくことが大切です。

 

トレンドラインを引く場合は、必ず合理的な理由を説明できるようにしましょう。

例えば、「このレジスタンスラインは、過去1カ月の時間足の高値を結んだものである」など客観的な根拠を自分なりに明確にしてラインを作ることが大切です。

 

判断に迷うときにはローソク足を基にする

レジスタンスラインは高値を結ぶ、サポートラインは安値を結ぶということを理解していても、いざチャート上でトレンドラインを引いてみようとすると、難しく感じることもあります。

 

特に、ローソク足のひげの先端を結んでラインを引くのか、ローソク足の実体部分に合わせて作るべきかについて迷うという人は多いでしょう。

迷った場合は、ヒゲの先端ではなく実体部分の始値または終値を結んでラインを引くことをおすすめします。

ローソク足

ローソク足とは、一定の時間内の高値と安値、終値と始値を、該当する時間に区切って縦長のボックス図形を時系列に沿って並べたグラフです。

始値と終値を上辺と底辺にした長方形は、ローソクの形に似ているためローソク足と呼ばれています。

この長方形部分を実体といいます。

 

高値と安値については、ボックスの上辺と底辺から1本の線を伸ばして表現する仕組みです。

細い線が伸びている様子は、ヒゲが伸びているように見えるため、伸びている線はヒゲと呼ばれています。

 

ヒゲの先端である高値・安値は、瞬間的に発生した価格であることも多いため、トレンド判定にあたっては信用できる情報とはいいにくい面があります。

その点、実体部分の価格は瞬間的に取引された価格でないため、信用度が高い価格データといえます

トレンドラインを引く場合は、実体に注目することがポイントです。

 

ブレイクしたときはエントリーポイント

トレンドラインの主な使い方は、レジスタンスラインであればそのラインが高値となって下降トレンドに反転する価格を知ること、サポートラインであればそのラインが底となって価格を下支えして上昇トレンドへと反転する価格を知ることです。

しかし、それ以外にも使い道があります。

 

それは、トレンドラインを外れたときの使い方です。

いくら精度の高いトレンドラインが引けたとしても、やがてはそのラインから為替レートが外れるときがきます。

トレンドラインから外れた場合は、小さなレート変動ではなく大きなレート変動が起こる可能性が高いといわれています。

いわゆるブレイクが発生するということです。

 

レジスタンスラインを越えて上昇が続く場合は、抵抗線がなくなったということもあり、一気に高値が更新されていくブレイクが発生することがあります。

また、サポートラインである底を突き抜けて下がる場合は、短時間で大きく下げるブレイクが発生することも珍しくありません。

 

この現象を理解しておけば、ブレイクが発生したときに合わせて注文を入れることで大きな利益が手に入る可能性があります

注文の入れ方は順張りです。

せっかく引いたトレンドラインを有効に使って投資判断をしたい人は、ブレイクしたときがエントリーポイントになるということを認識しておきましょう。

 

だましの発生に気をつける

トレンドラインにも「だまし」があります。

「だまし」とは、テクニカル指標に沿った動きをしないことを指します。

 

トレンドラインだけでなく、そのほかのテクニカル分析指標でも「だまし」は発生することはつきものです。

指標や抵抗線を100%信じてしまわないように注意しましょう。

 

トレンド転換サインの1つとしてブレイクがあげられます。

ブレイクは、サポートラインやレジスタンスラインを超えて為替レートが変動していく動きです。

しかし、このブレイクも「だまし」の可能性があるため、冷静に見極める必要があります。

 

1回目のブレイクはみせかけで、トレンドラインに戻ってくることがよくあります。

ブレイクの発生でトレンド転換を見極めようとしている人は、2回目のブレイクが明確にトレンドラインを突破してから転換したと理解してポジションをとるようにすることがポイントです。

「だまし」かどうかを見極めることが、FXで効率的に利益を得ていくコツだといえます。

 

取引ツールが使いやすいFX会何度も自分でラインを引いて経験を積んでみる社を選ぶ

FXで効率的に利益を得ていくためには、FX会社選びが重要です。

FX会社の選び方によって得られる利益が変わってくる可能性があるからです。

 

FX会社選びのポイントは複数あります。

通貨ペアの種類の多さや取引手数料の安さ、セキュリティの高さなどさまざま項目を比較して選ぶことが大切になります。

 

なかでも、取引ツールの使いやすさは無視できないFX会社選びのポイントです。

取引ツールで注目するべきポイントは、チャート分析に役立つ取引ツールを豊富に揃えているかどうかです。

 

ただし、種類が多ければ多いほどよいと考えがちですが、使えないツールがたくさんあっても無意味です。

自分にとって必要な取引ツール、使いやすいツールを揃えているかどうかを選択基準にするとよいでしょう。

 

もちろん、チャートに関しては、自由にトレンドラインを引ける機能を備えているツールがあることは外せません

デモ取引ができるFX会社では、できる限りデモ取引を実際に使って使い勝手を検証することをおすすめします。

 

何度も自分でラインを引いて経験を積んでみる

トレンドラインは自分で引かなければいけませんが、引いてみたラインが正しいのかどうかわからないこともあります。

いつでも水平というわけではありませんし、市場はきれいにラインぴったりで反応するわけでもありません。

 

そのため、引いていたラインに自信がないという人もいるでしょう。

しかし、自分で作ったトレンドラインに自信が持てるようになるためには、経験が必要です

何度も引いてみることによって、はじめて適切なラインが書けるようになります。

 

トレンドラインが適切かどうかは、その後の値動きで確認してみることが有効です。

為替レートが変動してトレンドラインの近くで跳ね返ってくるかどうかを見ることで確認できます。

何度もラインを引いてみるだけではなく、その後の値動きで検証する姿勢も大切であることを忘れないようにしましょう。

 

また、トレンドラインは絶対ではありません

レンジ相場もいつかはそのレンジを離れてブレイクすることになります。

適切なトレンドラインが引けたからといって、安心しきってしまわないようにすることも重要です。

 

それでも、適切なトレンドラインが引けるようになれば、FXで利益を稼ぐスピードが上がる可能性が高いです。

何度も自分でラインを引いて経験を積みましょう。

まとめ

トレンドを読むためにはトレンドラインを引く必要があります。

トレンドラインとは、相場の流れに沿って引いた線のことです。

 

FXでコンスタントに利益を稼いでいくためには、トレンドにうまく乗る必要があります。

上昇トレンドに合わせて買いを入れることができれば利益が得られます。

下降トレンドに乗る場合は、売りです。

 

順張りとは、相場が上昇トレンドにあるときは、そのトレンドが続く限り流れに乗って取引するという方法です。

逆張りは、トレンドに逆らって取引を行うスタイルの投資手法です。

 

「だまし」かどうかを見極めることが、FXで効率的に利益を得ていくコツの1つです。

適切なトレンドラインを引いて、利益を上げていきましょう!

FX会社 特徴

DMMFX

DMM FX

DMMFXは国内口座数が第1位の実績を持ち、全通貨ペア20種類が業界最狭水準のスプレッドで取引コストを低く取引が可能です。

また初心者でもわかりやすいようにシンプルなアプリで取引でき、操作が分からなくてもLINEによるお問い合わせができます。

GMO

FX取引高世界第1位

GMOクリック証券は総合力が高いことで有名であり、FXの取引高ランキングでも6年連続で世界1位を取り続けているFX会社です。

業界最狭水準のスプレッドや高いスワップポイント、高機能な取引ツールを含めたすべてのサービスが他のFX会社に比べてもトップクラスとなっています。

SBI FXトレード

SBIFXトレード

SBI FXトレードは他のFX会社が1,000通貨または10,000通貨からしか取引することができないところをなんと1通貨からの取引が可能です。

初心者でも少ない資金から取引が行えるのでおすすめのFX会社になります。

また毎日の値動きから大きなイベント時の値動きまでのレポート、動画配信など情報力の高さも一押しです。