自動売買で長期運用を目指す!インヴァスト証券のトライオートFX


自動売買で長期運用を目指す!インヴァスト証券のトライオートFX

 

「FXで長期にわたって資産運用したいけど、こまめに管理していられない」

「FXをはじめたいけど、相場なんて予測できない」

という方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

実は相場の予測をせずとも長期的に資産運用できるFXサービスがあるんです!

それがインヴァスト証券の「トライオートFX」です。

こんにちは!

FXの相場予測に力を入れている大輔です。

相場を予測しなくてもいいなんて、ほんとにそんな画期的なものがあるんですか!?

そうよ。

インヴァスト証券が提供しているFXサービスの1つ、トライオートFXにあるわ。

初心者にとくにおすすめの自動売買が注目ポイントね。

ということで、今回はリサさんも推している自動売買を使えるトライオートFXについてご紹介していきます。

僕と一緒にトライオートFXの特徴やおすすめな点を見ていきましょう!

 

トライオートFXの口座情報

 

項目 内容
最小取引単位

マニュアル注文】1,000通貨単位 

(南アフリカランド/円のみ10,000通貨単位)

自動売買注文】1,000通貨単位

(南アフリカランド/円のみ10,000通貨単位)
取扱通貨ペア 17通貨ペア

口座開設管理費

0円
取引時間

通常期間:月曜日午前7:00~土曜日午前6:00

米国サマータイム期間:月曜日午前7:00~土曜日午前5:00

 

メンテナンス時間

火曜日から金曜日の午前6:50~午前7:10

(米国サマータイム期間午前5:50~午前6:10)
取引手数料

マニュアル注文】0円

自動売買注文】全通貨ペア一律でマークアップ手数料が適用される。

受渡手数料】1,000通貨あたり1,000円

(10,000通貨未満は1件あたり10,000円)
必要証拠金

【個人】証拠金の25倍までの取引可能

【法人】各通貨ペアの毎営業日の終値に対し、為替リスク想定比率を加味した金額を適用する。
有効比率 有効証拠金額÷必要証拠金額×100(%)
注文方法

・自動売買注文

・マニュアル注文

(成行注文、指値注文、逆指値注文、IFDONE注文、IFDONE OCO注文、一括決済機能)
スワップ スワップポイントはこちらの公式サイトをご参照ください。
発注上限

マニュアル注文】1,000万通貨

(自動売買注文のポジションをマニュアルで決済時の取引上限200万通貨)

自動売買注文】200万通貨
ロスカット 有効比率50%以下 (法人 100%以下)

※出典元:インヴァスト証券トライオートFX取引ルール

 

トライオートFXとは?

トライオートFXはインヴァスト証券がFXの長期運用を想定した、独自のFXサービスです。

 

「独自って言っても、他のFX会社と似ているんじゃないの?」

と思う方がいらっしゃるかもしれません。

 

さっそくトライオートFXの4つある特徴について見ていきましょう!

 

スプレッドは業界最狭水準!

米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 ユーロ/米ドル
0.3銭 0.5銭 1.0銭 0.6銭 0.3pips

※原則固定

※2018年7月27日時点

インヴァスト証券トライオートFXスプレッド

 

各通貨ペアのスプレッドはFX業界でも最狭水準のスプレッドであり、マニュアル注文や自動売買を問わずにどちらでも低スプレッドで取引を行うことができます。

 

取引は1,000通貨から可能!

トライオートFXは最低1,000通貨単位からトレードをすることができ、取引証拠金は約4,000円から始めることができるのです。

FX初心者にとっては大きな資金を必要とならずに済むので、リスクも少なくなりますね。

 

FXで社会貢献ができる!

FX業界で初めて、FXをしながら社会貢献することができるポイント制度を実施しています。

トライオートFXで10,000通貨取引するごとに1ポイント付与され、1ポイント=1円として貯めることができます。

 

貯まったポイントは認定されているNPO法人へ寄付することで、確定申告における寄付控除を受けることが可能になります。

寄付控除とは個人の納税者が国や地方公共団体に対して寄付した場合に、所得税の控除を受けられる仕組みのことをいいます。

つまり貯まったポイントを寄付することでトレーダーが支払う税金が安くなるのです。

 

トライオートFX独自の自動売買

トライオートFXの大きな特徴である自動売買は「新規、決済、新規」を繰り返す連続注文であり、条件を設定するだけで簡単に始めることができます。

また注文設定は複数設定が可能になっており、強力な自動売買を作成することもできるのです。

 

ただし、自動売買ではマークアップ手数料というものが発生し、取引する通貨数量によって、手数料の金額が変わるため注意が必要です。

その手数料の変化を以下の表にまとめました。

取引数量 新規・決済 1,000通貨あたり
1万通貨未満 0.2pips・0.2pips 片道20円(対外貨0.2)
1万通貨以上10万通貨未満 0.1pips・0.1pips 片道10円(対外貨0.1)
10万通貨以上50万通貨未満 0.05pips・0.05pips 片道5円(対外貨0.05)
50万通貨以上 無料

 

トライオートFXで社会貢献できるポイント制度には驚きましたけど、自動売買がどんなものなのか中身が気になって仕方ないです。

そんなに焦らなくても、次はトライオートFXの自動売買の中身を見ていくから落ち着きなさい。

 

 トライオートFXの自動売買

自動売買は注文を繰り返す連続注文!

トライオートFXの自動売買の注文は連続注文によるものです。

連続注文は「新規注文→決済注文→次の新規注文」と連続で条件を繰り返す注文となります。

 

「新規注文」と「決済注文」を同時に注文することをIFDONE注文といい、IFDONE注文を繰り返すことが自動売買における連続注文です。

トライオートFXのIFDONE注文は以下のようにして注文設定を行います。

 

1.新規注文の設定(IF)
最初の新規注文では「成行」か「価格指定(指値・逆指値)」を選んでいきます。

 

2.決済注文の設定(DONE)
決済注文は利益と損切りの値幅(pips)を設定していきます。

 

3.次の新規注文の設定(IF)
2の決済注文終了後に決済価格から、為替が「いくら上昇したのか」、「いくら下落したのか」によって新規注文するのか設定していきます。
このとき決済した価格から値幅をフォロー(逆指値)カウンター(指値)の設定を行います。

 

フォローは決済価格から為替が上昇した場合は買い、決済価格から為替が下落した場合は売りのエントリーをする条件です。

カウンターは決済価格から為替が下落した場合は買い、決済価格から為替が上昇した場合は売りのエントリーをする条件です。

 

トレーダーの損失拡大を防ぐセーフティー設定

トライオートFXでは、セーフティー設定という機能が追加されています。

セーフティー設定とは自動売買による損失が発生したときにさらなる損失拡大を防ぐための機能です。

セーフティー設定には以下のような4つの設定があります。

 

  1.最大損失許容額

最大損失許容額は、累計損益が設定した損失額を超えてしまったとき、稼働停止させる設定です。

自動売買はロスカットを行ったあとでも設定した注文をするため、為替の急変動には対応できず大きな損失を抱える恐れがあります。

そのため最大損失許容額は必ず行う設定となります。

 

  2.最大ドローダウン

最大ドローダウンとは、累積最大利益から一時的にどれくらいの損失が出たことを表すものです。

トライオートFXではあらかじめ損失額を設定し、累積最大利益から設定した損失額を超えたときに、自動売買を稼働停止させることができる設定です。

この設定の利点は損失が発生しても連続で注文を行う自動売買で、設定しだいでは勝ち逃げをすることができます。

 

例えば、最大ドローダウンを2万円としましょう。

自動売買で累計最大利益が10万円であるとき、損失が2万円発生したとします。

この設定をしていない自動売買はこのまま注文を行ってしまいますが、最大ドローダウンを2万円に設定している自動売買は利益8万円を残して稼働停止するのです。

 

つまり損失額を管理することで利益を一定以上残して、取引から撤退することが可能なのです。

 

  3.上限・下限価格

あらかじめ為替の上限価格下限価格を設定することにより、設定した価格に為替が達していたとき新規注文の発注を停止させ、自動売買を稼働停止させます。

 

 

  4.最大連敗数

最大連敗数は自動売買におけるロスカットの回数が設定した数値と同じになったとき、自動売買の稼働停止させる設定です。

最大許容損失額と同じく自動売買は、証拠金がある限りロスカットされても新規注文を発注し続けるため、最大連敗数はトレーダーの損失を拡大させない大切な設定となります。

 

ただし、この設定によって自動売買が稼働停止したあとに再稼働させる場合は、稼働停止された回数の連敗数を含めて、新たに連敗数を再度設定する必要があります。

そのため最初から同じ自動売買を作成し、連敗数を設定することをおすすめします。

 

自動売買のロジック

自動売買のロジックとは、自動売買のストラテジーのステータス(相場状態や売買シグナル、通貨ペア、ストラテジー作成者など)を表したものになります。

トライオートFXの自動売買のロジック選択には以下のような3つの方法があります。

 

選択手段 内容
自動売買ランキング

インヴァスト証券が過去に行ったバックテストの結果をランキング化したものであります。

このランキングに登録してある自動売買ロジックは自由に選ぶことができ、初心者でも簡単に自動売買をすることが可能です。

複数作成

(レンジ追尾・追尾・カスタム)

新規注文の価格が異なっている複数の注文を作成・稼働することが可能な自動売買です。

自動売買で使用することができるロジックは「追尾」「レンジ追尾」と、自分で自由に設定値を作成することができる「カスタム」の3種類を利用することができます。
単体作成

トレーダーが1から自動売買注文を作ることができ、他の自動売買ランキングや複数作成にはないロジックの作成が可能です。

ただし、こちらは上級者向けの方法となります。

この3種類の自動売買のロジック選択方法中、とくに聞き慣れない複数作成の自動売買ロジックの「追尾」「レンジ追尾」は気になる方がいるでしょう。

次は「追尾」と「レンジ追尾」の2種類の自動売買ロジックについて見ていきます。

 

  自動売買ロジック「追尾」

追尾一定レンジの中で細かく利益を積み重ね、相場が動いた方向に追尾する自動売買のロジックです。

では追尾の仕組みを図に示したので見ていきましょう!

 

 

図に示した追尾は新規注文を「価格指定」で100~103.5円を指定し、決済注文の利確幅を50pips、損切り幅を-400pipsと設定しています。

また次の新規注文はフォローを損切り幅の絶対値である400pips、カウンターを利確幅の絶対値である-50pipsに設定しています。

 

1区間では101円~100円まで下落している間に50pipsごとに3つの買い注文を行います。

すると2区間で為替が上昇したため、設定した利確幅50pipsごとに1区間で買ったポジションを決済していくのです。

 

また1区間のポジションが決済し終わったあとは101.5~103円で買い注文と決済を同時に行い、細かく利益を取っていきます。

 

3区間では2区間で決済された価格から下落したために102.5~101.5円ではカウンターの-50pipsごとに買い注文されます。

4区間で3区間のカウンターが決済され、この後も為替の細かい動きを取るように注文する仕組みとなります。

 

  自動売買ロジック「レンジ追尾」

レンジ追尾一定範囲内で為替の上昇・下落の動きを捉えて、その範囲で買いと売りを同時に設定する自動売買ロジックです。

基本的にレンジ追尾は中長期の運用を目的としており、1年の稼働が目安となります。

 

レンジ追尾の3つの特徴を簡単にまとめました。

・買いと売りの両方で利益を獲得するためにどちらかだけで取引を行うよりも利益を獲得する機会が多い

・レンジ追尾は少しずつ利益を積み上げていくため最初は含み損が多いが、長期に運用することで累計利益が含み損を上回る

・買いと売りを両方同時に行うレンジ追尾はスプレッドや手数料が2倍かかり両方のスワップのトータルがマイナスに転じれば支払いになる恐れがある。

 

 それではレンジ追尾の仕組みを図に示したので、利益と含み損の関係を区間ごとに分けて例と一緒に見ていきましょう。

 

例として取引額を1,000通貨で、利確幅をわかりやすく100pipsとしましょう。

図に示した1区間では2つの買い注文がそれぞれ100pipsの上昇で決済され、累計利益が2,000円となります。

 

2つの売り注文は200pips上昇したポジション100pips上昇したポジションが決済されていないため、含み損が-3,000円です。

1区間では累計利益と含み損の相殺によって累計損益が-1,000円となります。

まだ1区間では含み損の方が多いことがわかりますね。

 

2区間では1区間の2つの売り注文が決済され、ポジションからそれぞれ100pips下落により利益が2,000円、累計利益が4,000円です。

そして含み損は2区間で3つの買い注文と1つの売り注文をして、200pipsと100pips下落した買いポジションで含み損が-3,000円となり、累計損益が1,000円となります。

 

3区間では2区間の3つの買い注文が、それぞれ100pipsの上昇で決済されたことにより利益が3,000円、つまりここまでの累計利益が7,000円となります。

3つの売り注文によって、200pipsと100pips上昇の2つのポジションによる含み損が-3,000円となり、最終的な累計損益が4,000円です。

 

このようにレンジ追尾では買いと売りを両方の注文を行うことで片方が含み損が出たとしても、もう片方が利益を出すため徐々に含み損が相殺されて利益が上回っていく仕組みになります。

 

  レンジ追尾の取引を助ける「レンジ追尾パーツ」

レンジ追尾は中長期の運用を想定した自動売買ロジックですが、価格変動幅の範囲が広くなり注文本数が多く、個々の注文の管理ができないなどのデメリットが存在していました。

しかし、このデメリットを打ち消すためにレンジ追尾パーツがあります。

レンジ追尾パーツ

図に示しているように、レンジ追尾パーツは相場で自動売買による注文数を1パーツごとに20本を基準にし、パーツごとにアルファベットで表されています。

これから取引を行う可能性が最も高い付近の価格のパーツのみを稼働させることで個々の注文を管理しやすくなるのです。

 

例えば現在値が図のであればCパーツだけを稼働させ、為替が上昇するのが見えればBパーツも同時に稼働させていきます。

 

また現在の価格がCの範囲にあるにも関わらず、他のA・B・Dは取引を行わないのに新規注文の証拠金が拘束されてしまうことがありましたが、パーツによって取引範囲を決められるため資金効率もよくなります。

 

ただしレンジ追尾パーツは稼働状況によってはアルファベット順に並んではいませんので注意が必要です。

他のFX会社にもある自動売買に比べると、トレーダーへの配慮がすごいですね!

自動売買をトレーダーが自由に設定できることもですが、とくにセーフティー設定なんて見たことないです!

そうね。

でもこれだけで驚いてはいけないわ。

まだトライオートFXにはもう一つ自動売買があるのよ。

 

初心者も簡単に始められる「自動売買セレクト」

トライオートFXには2018年7月14日にリリースされた自動売買セレクトというツールがあります。

自動売買セレクトはFXの通貨ペアとETF(上場投資信託)の銘柄から自由に自動売買のロジックを選んで、「カート」に入れて自動売買ができるものになります。

 

自動売買をトレーダーがセレクト画面から選ぶだけで、何も設定しなくても簡単にできるので初心者でも気軽に自動売買をすることができるんです!

FXには通貨ペアごとに「コアレンジャー」「スワッパー」の2種類のロジックが搭載されています。

「コアレンジャー」と「スワッパー」の仕組みを図に示したのでそれぞれ見ていきましょう。

 

コアレンジャーとはコアレンジとサブレンジの2つのレンジ帯に分けて、コアレンジでは細かく売買を繰り返し、サブレンジでは大きな利益幅で価格がコアレンジに戻る想定をして取引していきます。

ただし損切りの設定はされていませんので、トレーダー自身が設定する必要があります。

 

スワッパーはその名の通りスワップポイントの利益を想定したロジックであり、高金利通貨の値動きを追うように買い下がって反発を狙った取引を行っています。

ただしコアレンジャーと同様に損切り設定はされていませんので、トレーダー自身が設定する必要があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はトライオートFXについてご紹介してきました。

 

トライオートFXの特徴である自動売買は他のFX会社の自動売買に比べ、セーフティー設定によって自由に自動売買を稼働停止させることで、トレーダーの損失を抑えることができます。

自動売買のロジックをトレーダーに合ったものに設定することができ、FXをはじめたばかりの初級者から上級者まで扱うことが可能です。

 

この機会にぜひインヴァスト証券の口座を開設して、トライオートFXの自動売買を体験してみてはいかがでしょうか。

 

 

合わせて読みたい
外為ジャパンのキャンペーンは良心的?2万円獲得するための攻略法を解説

外為ジャパンのキャンペーンは良心的?2万円獲得するための攻略法を解説

OANDA Japanのスプレッドは狭い?他社と比較してわかった事実

OANDA Japanのスプレッドは狭い?他社と比較してわかった事実

FXブロードネット口座開設までの流れ

FXブロードネット口座開設の流れ|申込から入金方法まで詳しく解説!

【最大10万円】LIGHT FXのキャンペーン|条件達成のためのおすすめの方法とは

【最大10万円】LIGHT FXのキャンペーン|条件達成のためのおすすめの方法とは

ひまわり証券口座開設までの流れ

ひまわり証券口座開設の流れ|必ず確認したい申込条件・手順を解説!

外為ジャパン口座開設の流れ

外為ジャパン口座開設の流れ|書類提出までをわかりやすく解説!

最新FX記事一覧

条件や種類からFX会社を探す

キャンペーン・特典

お得な特典を逃さずチェック

スプレッド(米ドル/円)

取引コストを減らしたい方

スプレッド(ユーロ/米ドル)

取引コストを減らしたい方

最少取引単位

手軽に取引したい方

デモトレード

取引を試したい方

find_more_btn@2x
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
これだけ読めば大丈夫!!FXの正しい基礎知識:基礎知識一覧を見る
お好みの条件にあったFX会社を検索

条件や種類からFX会社を探す

bt_gotop@2x