FXに欠かせない通貨ペア選びのポイントを解説

2018年9月17日

アイキャッチ

「通貨ペアって何?」

「FXに興味があるけど、専門用語がわからなくて投資を始める決断ができない!」

 

そんなふうに思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

僕もそうでした・・・。

 

FXで成功するためには、通貨ペアとは何かを理解しておくことが欠かせません。

そこで、今回は各通貨ペアの特徴と通貨ペア選択における注意点などについて解説していきます。

こんにちは、FXの勉強に励んでいる大輔です!
通貨っていろいろあるけど、僕はどの通貨を買えばいいんでしょう?

うーん・・・。
大輔くんは、まずは通貨ペアについて知るところから始めましょうか。

あっ!ペアといえば、僕とリサさんはもうすっかりおなじみのペアですよね!

そうね、不本意ながら。
さあ、今日も一緒に勉強していきましょう!

・・・はい!
(さらっとひどいこと言われた気がする)

 

もっと勉強して、リサさんにちゃんとペア認定してもらわなくては・・・。

と、いうことで、今回は通貨ペアというFX用語について勉強していきましょう!

 

FXでは通貨ペアを選ぶところから始まる

通過ペアとは、FX投資における売却通貨と購入通貨の組み合わせのことです。

例えば、日本円を売ってアメリカドルを購入する場合は、日本円とアメリカドルがペアになるため、この2つの通貨の組み合わせは通貨ペアとなります。

 

一般的には、通貨ペアの表記は「アメリカドル/日本円」といった形で表現されます。

左側が主軸通貨右側が決済通貨です。

主軸通貨は取引通貨と呼ばれることもあるので、覚えておきましょう。

 

通貨ペア表記を見ることで、主軸通貨を決済通貨で交換する取引であることがわかります。

日本円を支払ってアメリカドルを購入したり、アメリカドルを売却して日本円に換金したりする取引の表記は、アメリカドル/日本円です。

 

また、通貨表記は、英語の略字で表記されることも多いです。

日本円はJPYアメリカドルはUSDなどのように表現されます。

この英字表記は国際基準で決められている通貨コードです。

 

通貨ペアの種類は、世の中に存在する国家などが発行している法定通貨の数をそれぞれ組み合わせた数だけ存在するので、理論上は膨大な数になります。

しかし、FX会社が取り扱っている通貨の種類は限られるため、一定数に限定されるのが現実です。

 

例えば、国内FX20ペア程度を取り扱っているケースが一般的です。

通貨ペアの種類はFX会社によって異なっています。

 

通貨ペアにはそれぞれ特徴があります。

特徴として注目すべきポイントとして、取引量や為替変動の激しさなどがあげられます。

 

とにかく取引量の多い通貨ペアを選ぶのが基本

FXを始めるにあたっては、通貨ペアの多さにびっくりする人もいるでしょう。

選択肢が多いため迷ってしまうことも珍しくありません。

初心者が取引する通貨ペアを選ぶ場合のポイントは、取引量の多い通貨ペアを選ぶことです。

通貨ペア大輔

取引量が多いということは、その通貨ペアの取引が盛んに行われていることの証になります。

取引量が多ければ、世界中から多くのトレーダーが参加しているでしょう。

それだけ注目されている通貨ペアということになります。

 

注目度が高く、実際の取引も盛んに行われている通貨ペアには、テクニカル分析がしやすいという特徴があります。

言い換えると、素直な値動きをする可能性が高いということです。

 

取引量が少ない通貨ペアの場合、為替レートは予想外の動きをすることも少なくありません。

また、取引量が少ない場合、取引レートはと飛びやすくなります。

結果的に、チャートのラインはギザギザになったり、不規則な動きがみられたりするようになってしまいます。

初心者にとっては、読みにくいチャートになることが多いです。

 

一方、取引量が多い通貨ペアの場合は、不規則な為替レート変動が少なくなり、セオリーに従った変動がみられるようになります

そうなれば、しっかりチャート分析して利益を得るチャンスが増えます。

初心者は、取引量が多いかどうかを重視して通貨ペア選択を行うとよいでしょう。

 

世界の通貨ペアの取引量

取引量が多い通貨ペアは、月や年によって大きく変動することはありません。

そのため、主な通貨ペアをピックアップすることは可能です。

通貨ペアの取引量を調べる場合、国際決済銀行が公表しているデータが参考になります。

取引量の1位は、ユーロ/アメリカドルです。

月間取引量は1兆ドル以上で、1兆1730憶ドルです。

取引量のシェアとしては、23.05%を誇っています。

世界の基軸通貨といわれているアメリカドルと、世界屈指の経済圏で使われているユーロの組み合わせの通貨ペアですので、取引量が多くなるのは当然でしょう。

 

2位はアメリカドル/日本円の通貨ペアです。

公表されている取引量は9020憶ドルで、1兆ドルに迫る量を誇っています。

シェアは17.72%です。

 

3位に位置するのは、イギリスポンド/アメリカドルです。

取引量は2位と大きく離れており、4700憶ドル、シェアは9.24%となっています。

 

4位は、オーストラリアドル/アメリカドルです。

取引量は2660憶ドル、シェアは5.24%となっています。

 

5位は、アメリカドル/カナダドルです。

取引量は2180憶ドル、シェアは4.29%と公表されています。

 

いずれの通貨ペアにもアメリカドルが含まれていることがポイントです。世界の基軸通貨だといわれる理由がわかります。

 

日本の通貨ペアの取引量

日本人の場合、手元にある資金は日本円というケースが多く、FX取引を始めるにあたっては、日本円をからめた通貨ペアから選びたいと考えている初心者の方も多いでしょう。

また、日本で行われている通貨売買における主な通貨ペアを知りたいというケースもあります。

そこで、国際決済銀行が公表している、日本での取引通貨ペアランキングについてもご紹介します。

日本での取引量におけるシェアのトップは、アメリカドル/日本円です。

月間取引量は9020憶ドルで、国内シェアは70.70%と圧倒的なシェアを誇ります。

世界シェア17.72%となっています。

 

国内シェア2位は、オーストラリアドル/日本円です。

月間取引量は310憶ドルで、国内シェアは9.16%と公表されています。

世界シェアは1%に満たない0.62%です。

 

3位は、イギリスポンド/日本円です。

取引量は30憶ドル以下、国内シェアは8.84%、世界シェアは0.06%以下となっています。

 

4位は、ユーロ/アメリカドルです。

日本円が含まれない通貨ペアであるにもかかわらずランクインしています。

取引量は1兆1730憶ドル、国内シェアは4.55%、世界シェアは23.05%です。

 

5位にはユーロ/日本円がランクインしています。

取引量は790憶ドル、国内シェアは3.54%、世界シェアは1.56%です。

 

通貨ペアの選び方を間違うと損失につながりやすい

取引量が多い通貨ペアがある一方で、取引量が少ない通貨ペアも存在します。

取引量が少ないということは、取引参加者が少ないことを意味します。

 

為替レートを決めるのは、需要と供給です。

例えば、日本円が欲しい人が増加すれば需要も増加します。

その結果、円の価値は上昇することになります。

 

また、日本銀行の金融緩和政策によって市中への日本円供給が増加すれば供給が増え、円安になるのがセオリーです。

ただし、日本円の取引に関して需要と供給を比べた場合、取引参加差が多く、投資家の思惑も多様であるため、一方的で急激な為替レート変動は生じにくいという傾向があります。

 

取引量がとても少ない通貨ペアの場合は、市場参加者が少なく、ちょっとしたことがきっかけで暴落や暴騰が起きやすいことが問題です。

予想外の為替レートの変動に巻き込まれれば、大きな損失を被ってしまうでしょう。

最悪の場合は、取引ができない状態に陥り、損失が拡大している通貨を持ち続けざるを得ないといったこともありえます。

 

FX初心者は、取引量が少ない通貨ペアは避けたほうが無難です。

通貨ペア選びを間違えないようにしましょう。

 

ドルストレートとクロス円

通貨ペアは大きく分けると、ドルストレートクロス円に分けることができます。

ドルストレートとは、アメリカドル/日本円やユーロ/ドルなど、取引通貨のなかにアメリカドルが含まれる通貨ペアのことです。

 

クロス円は、それ以外の通貨ペアです。

例えば、ユーロ/日本円やオーストラリアドル/日本円などはクロス円の通貨ペアです。

 

ドルストレートには、為替レートの変動が自然な動きになりやすいという特徴があります。

アメリカドルは世界の基軸通貨ですので、取引量も多くなります。

結果的に、値動きは落ち着いたものになることが多いんです。

FX投資家にとっては、ドルストレートはテクニカル分析がしやすいというメリットがあります。

 

一方、クロス円は値動きが荒くなるのが一般的です。

ドルストレートと比較すると暴落や暴騰が起きやすいという性質があります。

 

ユーロ/円取引の場合、日本円を支払って直接ユーロを購入するのではなく、日本円でアメリカドルを購入し、そのドルでユーロを購入するというステップで行います。

アメリカドルとの交換が必ず間に入ることになるため、交換という意味があるクロス取引と呼ばれているんです。

 

クロス円の通貨ペアは、日本円とユーロなどの関係だけでなく、ドルストレートの変動による影響も受けます。

変動要素が2つ組み合わさることになるため、値動きが激しくなることが特徴です。

 

基本的にドルストレートを選ぶ

日本人は通貨ペア選択においてクロス円を好む傾向があるといわれていますが、国際決済銀行の統計では、アメリカドル/日本円の国内シェアは約70%でした。

圧倒的にドルストレートの取引量が多いため、クロス円を好むという結果にはなっていません。

 

しかし、国際決済銀行の統計には、企業などによる取引も含まれており、FXだけの取引量ではないことに注意する必要があります。

貿易に必要な外貨を売買する実需も含まれているのです。

 

そういったものを除き、個人のFX投資家だけに注目すると、クロス円を好む人もいます。

しかし、FXで勝っていくためには、クロス円の通貨ペアではなく、ドルストレートの通貨ペアを選ぶほうが賢明でしょう。

 

特に初心者のうちは、チャート分析のセオリーから外れた予想外の値動きをし、為替レートの変動幅も大きいクロス円の取引は避けてドルストレートを選ぶ方が、損失を被るリスクを下げられます

 

クロス円は、値動きの激しさから少額で大きな利益が狙える可能性があるという魅力はありますが、ハイリスク・ハイリターンになることは覚悟しておくことが必要です。

FXに慣れてくるまではドルストレートで取引しましょう。

慣れるまではドルを含む通貨ペアで取引するのがおすすめなんですね!

初心者に関わらず、ドルストレートで取引する人はとても多いわ。
アメリカドルは世界の基軸通貨だから、信頼も大きいのね。

 

通貨ペアごとに経済指標発表のタイミングを押さえておく

チャートから為替レートの変動を予想する分析方法をテクニカル分析といいます。

一方、通貨を発行している国の経済状況や政治情勢などを分析して為替レートの変動を予想する分析手法はファンダメンタルズ分析です。

 

ファンダメンタルズ分析を行う場合は、主な経済統計を見逃さないようにすることがポイントです。

経済統計とは、各国政府や関係省庁などが発表している指標で、経済成長率や雇用情勢などがわかるものです。

 

経済統計は、政府が政策立案のために活用します。

また、それだけではなく、広く民間に公表することで統計データを有効利用できるようにすることも目的の1つです。

 

ペアに含まれている通貨それぞれを発行している国の経済指標が発表されると、指標の結果の影響を受けて取引量が増加します。

その結果生じるのが、為替レートの大きな変動です。

 

経済指標の発表のタイミングは、FX取引のチャンスとなります。

経済指標は、発表のタイミングが決まっています。例えば、為替レートにも大きな影響を与えることがあるアメリカの非農業者部門雇用統計は、毎月第一金曜日が指標の公表タイミングです。

取引している通貨に関わる経済指標については、発表のタイミングを調べておくようにしましょう。

FX取引を行うタイミングを判断する参考になります。

 

スキャルピングではスプレッドが狭い通貨ペアを選択する

FX取引を行う場合は、自分に合ったトレードスタイルで取引することも大切になります。

取引スタイルとしては、スキャルピングスイングトレードが有名です。

 

スキャルピング取引とは、短時間で数多くの売買処理を行うタイプの取引手法です。

スキャルピングには「薄皮をはぐ」という意味があります。

小さな値幅で何度も取引することで利益を増やしていくため、まるで薄皮をはいでいくようだということでスキャルピングと呼ばれるようになったといわれています。

 

スキャルピング取引を行う場合における通貨ペア選択のポイントは、スプレッドです。

スプレッドは売値と買値の差のことで、投資家にとっては取引コストになります。

スプレッドの幅が広ければコスト負担が大きくなり、幅が小さければコスト負担が少なくなりますので、できるだけスプレッドの幅が狭い通貨を選ぶことが重要です。

 

特に、スキャルピング取引は、少ない利益額を何度も取引することで積み上げていく取引手法ですので、スプレッドの幅が広いとまったく利益がでない可能性があります

 

一般的には取引量が多いほどスプレッドは狭くなる傾向があります。

そのため、アメリカドル/円のスプレッドは狭いです。

 

スイングトレードではトレンドが何よりも大事

スイングトレードとは、相場が数日から数カ月の単位で一定の方向に動き続けているときに、その流れに乗って売買する取引手法です。

具体的には買っている通貨が強くなっていく場合は、その通貨を保有し続けます。

 

為替相場が一定の方向に動き続けていくことをトレンドが発生しているといいます。

トレンドとは流れのことです。

例えば、円高が進んでいるときは円高トレンドだと表現します。

 

スイングトレードを行うためには、取引する通貨ペアにトレンドが生じている必要があります。

トレンドが生まれていないということは、通貨を購入または売却しても、そこから為替レートが大きく動かないことを意味します。

 

仮に、小さな上下動があったとしても、大きな変動がなければ単に保有しているだけ、売りポジションを持っているだけでは利益を獲得することはできません。

トレンド相場が発生している通貨ペアは、そのときどきで違います。

トレンド相場が発生する通貨ペアは決まっているわけではないのです。

 

そのため、スイングトレードで利益を狙う場合は、1つの通貨ペアだけにこだわらず、強いトレンドが生じているペアを見つけるようにしましょう。

 

トレードスタイルによってチェックする通貨ペアを選ぶ

トレードスタイルによって、取引に適した通貨ペアは変わってきます。

また、時の経過とともに各トレードスタイルに適した通貨ペアは移り変わっていきます。

そのため、トレードスタイルに合った通貨ペアを見つけるためには、常にさまざまな通貨ペアの動向をチェックし続けることが重要です。

 

しかし、FX初心者にとっては、数多くの通貨ペアを常にチェックできる体制を整えるのはハードルが高く、実行するのは大変です。

初心者は、まず、アメリカドル/日本円やユーロ/アメリカドルを選ぶのが得策でしょう。

取引はこれらの通貨ペアに限ってFXを始めるのです。

 

1つまたは2つの通貨ペアであれば、初心者でもチェックしやすいでしょう。

限定した通貨ペアでも、取引を重ねることによって取引がうまくなるだけでなく、為替レートの見方や分析能力も高まってきます。

その段階になったら、複数の通貨ペアをチェックし、徐々に取引通貨を増やしていくのがよいでしょう。

 

最初に取引量が多いアメリカドル/日本円などを選んで取引しておけば、投資を始めたばかりの時期に暴落や暴騰によって投資が継続できなくなるような損失を被るリスクも少なくできるメリットもあります。

 

選択できる通貨ペアが多いFX会社を選択する

通貨ペアの選択肢が多ければ多いほど、自由な取引が可能です。

そのため、FX会社選びを行う場合は、取り扱い通貨ペアが多いかも考慮して選択することが大切になります。

 

FX会社によって、取り扱い通貨ペアの種類は異なります

口座開設の前に、しっかり調べておくことをおすすめします。

取り扱い通貨ペアの種類は、各FX会社の公式サイトはもちろん、FX会社の比較サイトなどでも確認可能です。

 

トレンドに沿ってスイングトレードを行う場合、通貨ペアの選択肢が多ければ、選択肢のなかからトレンドが発生している通貨を見つけられる可能性を高められます

最初の段階では少ない種類でも問題ありませんが、慣れてきたら取り扱い通貨ペアの種類の多さは、取引のしやすさに影響するようになるでしょう。

 

また、スキャルピングを行う場合にも、取り扱い通貨ペアが豊富なFX会社で取引した方が有利になります。

スキャルピングに適している相場は、一定の値幅で細かく上下を繰り返すレンジ相場です。

ある通貨ペアが一方的なトレンドになっている場合でも、別の通貨ペアはレンジ相場という可能性もあります。

 

トレード方法に適した通貨ペアを見つけて取引することが利益を増やす近道です。

できるだけ取り扱い通貨が多いFX会社で口座を開設するようにしましょう。

 

FXでは情報収集が大切

FXは通貨売買を行う取引です。

為替レートの変動にはさまざまな要因がありますが、特に通貨発行国の経済状況の影響を強く受ける傾向があります。

 

また、各国個別の経済事情は、世界経済とも密接につながっている状況です。

とりわけ、アメリカの経済状況の影響が強く表れる傾向があります。

 

そのため、FX投資を行う場合は、適切な情報収集を行うことが重要です。

情報収集を怠っていると、相場に先んじて動いたり、対策を立てたりすることができなくなってしまいます。

その結果、得られるはずだった利益が得られないだけでなく、思わぬ損失を招く結果につながるリスクもあります。

 

情報収集の方法は、自分なりに工夫して効率的に集められる方法を見つけることが大切です。

しかし、初心者は情報収集方法がよくわからないというケースも多いでしょう。そういった場合に強い味方となるのが、FX会社が提供する情報です。

 

FX会社のなかには、FX取引に影響があるニュースや指標発表などの情報を積極的に配信しているところもあります。

情報提供に積極的なFX会社を選んで口座開設することも、初心者がFXで勝つコツの1つです。

 

経済指標発表前にはポジションを手仕舞うのも1つの選択

自分が保有していたポジションを決済してしまうことを手仕舞いと言います。

経済指標の発表前後は、相場が大きく動くきっかけになることが多いです。

指標発表前であっても、経済アナリストなどが予想を発表するため、指標発表のあとだけでなく少し前から注意しておくことが大切になります。

 

また、指標が発表されると、その内容によって相場が動くことになります。

特に、事前の予想と大きく異なる数字が発表されると市場が混乱し、相場が乱高下することもありうるので注意が必要です。

アメリカの経済指標の影響は、アメリカドルだけなく世界中の通貨に影響を与えるので、特に注意するようにしましょう。

 

指標発表前後の相場を予測するのは、プロのFX投資家でも難しいといわれています。

自らの予想通りに相場が動けば大きな利益が得られる可能性もありますが、予想外の指標が発表されると大きな損失を被るリスクもあります。

 

そういったリスクを回避する方法としては、経済指標発表前にはポジションをとらない方法が有効です。

取引をしている場合は、指標が発表される前に手じまいしておくようにしましょう。

指標発表後に相場が動きだしてからでも、ポジションをとるのは遅くありません。

 

リスクマネジメントを行いながらFX投資を進めたい場合は、指標発表前にはポジションを解消しておくことをおすすめします。

 

まとめ

通貨ペアとは、FX投資における売却通貨と購入通貨の組み合わせのことです。

FXは、どの通貨ペアを選んで取引するかによって得られる利益が大きく変わってくるため、通貨ペア選びは慎重に行うことが大切です。

 

特に、初心者の場合は、値動きの激しい通貨ペアを避けて、取引量が多い通貨ペアを選んで投資を始めることがポイントになります。

 

FXに慣れてくるまではドルストレートで取引しましょう。

初心者は、まず、アメリカドル/日本円やユーロ/アメリカドルを選ぶのが得策です。

 

FXで利益を得るためには、各通貨ペアの特徴を把握しておくことが欠かせません。

どんな投資でも勉強は必要です。

継続的に勉強を続ける努力を怠らないことも、FXで利益を得るポイントです。

通貨ペアの特徴を理解して、どんな局面でも利益が出せるようになることを目指しましょう。

 

圧倒的な通貨ペア数を誇るヒロセ通商は、約定力も高く、初心者でも使いやすい取引ツールで取引を行うことができます。

あなたもヒロセ通商で口座開設をしませんか?

FX取引ならヒロセ通商へ